« ウマに乗りました | トップページ | 焚火 »

寒衣飽食のゴールデンウィーク

久しぶりにゴロゴロとしたゴールデンウィークを過ごしました。4/30は出社、5/1,2は休みを取ったので、6連休となりました。そのうち5日間を実家で過ごしました(1日は木曽見ツアーだし、5日は移動日だったので実質3日くらいかな)。3日の夜に大学の研究室の同期と飲みに行く以外は予定を入れなかったので、気合を入れて本を読みまくるつもりだったのですが、読んでないマンガがあったり、スーパーマリオアドバンスをクリアするのに躍起になったり、ついつい昼寝をしてしまったり(しかも夜も早い)、でたくさん持って行った本もほとんどそのまま持って帰ってくることになってしまいました。
マンガはいっぱい読みました。
・ケロロ軍曹 3
・エクセル・サーガ 7
・蟲師 1
・イエスタデイを歌って 1,2
・羊の歌 1~5
あり?
いっぱい読んだと思ってもリストアップすると10冊なんですね。全部弟のものなのですが、ジャンルがバラバラなのが謎です。
弟といえば、彼はプラモデルをやっています(趣味としていたのだが、最近は小金も稼いでいるらしい)。ガンプラ(ガンダムのプラモデル)と戦車を中心にやっているみたいです。それをいろいろ見せてもらったのですが、昔はかっこいいと思っていたガンプラがぜんぜん面白くないんです。最初はその原因がわからなかったのですが、ずっと眺めているとだんだんわかってきました。あまりに嘘臭く感じてしまうんです。キットもすごいリアル(っぽいでき)だし、一生懸命リアル(っぽくみえるよう)に作っているのもわかるんですが、無理っぽいところとか、意味不明なところとかが目に付くと気になってしまって「こんなもんリアルっぽく作る必要があるのか?
リアルっぽくするならコンポーネントの意味から考えて作れよ」といいたくなってしまうわけです。逆に実在したモノのプラモデルは眺めていてもいろいろ想像できて結構面白いです。その中でも特に「列車砲」。名前だけは知っていましたが、形ははじめてみました。プラモデルとはいえ実物の縮小モデルですから、構造は実物そのままです。小さな部品ひとつとっても全部意味があるので、その部品の果たす役割なんかを自分なりに考えてみたりするのが結構好奇心が刺激されて楽しいですね。
P6同窓会は名古屋の栄で("やさか"だったかな?海鮮飲み屋でなかなか当たりだったと思う)。残念ながらわっしーは来れませんでしたが、いろんな噂話や愚痴を聞くことができて(グチなんかは聞くばかりではなかったですが...(^^;)楽しい時間を過ごせました。2年くらいでそんなに変わるとは思えませんが、みんな学生時代から変わっていないですね。結婚ダービーの一着はわっしー、二着はおむ吉かコバQと予想しますが、どうなるかな?
あと2,3年で結果が出そうですね。
次の日も立派なイタリア料理屋に家族で行ってきました。それ以外にも朝ご飯はちゃんと出る(しかもたくさん)し、毎日寝酒だし、全体的に食べ過ぎなゴールデンウィークを過ごしてしまいました。あんまり出歩かずにゴロゴロ過ごしていたので、体重が心配でしたが、帰ってきてから量ったところ、まあ誤差範囲内といえる数字だったの一安心でした(^^;
ところで実家は寒かった。会社の寮がいまだに暖房が入っていて窓をあけないと暑くて過ごせないのでTシャツ一枚なんですが、実家は当然暖房なんてありません。そのことをすっかり失念してまともな上着を持っていかなかったので寒くて寒くて風邪を引いてしまいました。
「暖衣飽食」って一般語ですよね?
じゃないと題に寒衣って書いてもシャレにならないんです。時々、通じない日本語を使う奴、と言われるので心配になってます...

|

« ウマに乗りました | トップページ | 焚火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/40457950

この記事へのトラックバック一覧です: 寒衣飽食のゴールデンウィーク:

« ウマに乗りました | トップページ | 焚火 »