« 2001年8月 | トップページ | 2001年10月 »

2001年9月

車、来ました

台風の中、納車の日となりました。

 雨の中、早速慣らし運転ということでドライブに行ってきましたが、慣れない M/Tのおかげで肩が凝ってしまいました。エンストもいっぱいしたし、ダイジョウブか?って感じです。でもさすがリッターカーに1500のエンジンを載せているだけあって、適当に運転しても進んでくれます。

 果たして慣れることができるのか? 坂道発進は大丈夫なのか? など、数々の不安を残しつつ、明日から通勤に使います(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「寸志を頂きました」?

昨日(8日)は会社の自衛消防隊の操法大会。我が事業所はなんと放口の結合が不完全で、送水した途端に水が噴き出して失格となってしまいました。 3ヶ月近くも毎日訓練してきたので、この結果は非常に残念でした。特に失格になってしまうと点数発表がないので、何が良く何が悪かったのかもわからなくなるので、なんともがっくりしてしまいます。選手の人はもっと残念だったでしょうね。

今年からウチの事業所は小型ポンプ操法に加えて女子自衛消防隊の屋内消火栓操法、ラッパ操法も加わって3部門全部出場になりました。女子のほうは練習のときには大会に出場するのが恥ずかしいくらいのできにしか見えませんでしたが、最後の一週間で何かがあったのでしょうか、仕事が忙しくて訓練に参加できないうちにものすごく上手くなっていました。今年は去年に比べて他事業所のレベルが高かったので、入賞は果たせませんでしたが、去年だったら入賞レベルの演技ができていました。事業所として数年のブランクがあった割にはいい成績でした。

さてその大会の観戦中でのできごと。隊長が労働組合からの激励金を持って「組合から寸志を頂きました」と言ってのけました。すぐに横から副事業部長や自衛消防団長が「それを言うなら『ご厚志』だ」とツッコミをいれてましたが、この隊長は総務部の中堅社員。まさか厚志ということばを知らないとは思えませんが、よくこんなんで総務が勤まるよなぁというかこの会社はダイジョウブか?なんて思ってしまいました。そういえば高校の同窓会でも幹事の子(文系の割と成績優秀だった子)が同じことを言ってたっけ。世の中そんなもんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国新作花火大会@諏訪

去年に引き続き新作花火に行ってきました。観客数と出店の比率が、8/15の花火大会のときよりも小さく、何か買うにも長大な行列に並ばなくてはいけなくて、みんな飢えた感じでした。店の数が少ないのは観客数が少ないことを見こんでなのでしょう、確かに人は少なく、有料観覧席のチケット(1000円 /人)も18時に着いてから買いに行ってもまだ買うことができました。でも少ないといっても十万単位の人出です。普通に歩くだけでも人ごみで酔ってしまいました。

 花火自体は36人の花火師が、10号玉2発+7号玉3発を打ち上げて内容を競う、というもので、いろんな種類の花火を観る事ができて、8/15の花火大会よりも内容的には楽しむことができました。スターマインはあまり好きではないですが、ひとつは非常に感動したものもありました(スターウォーズin諏訪湖って題だったかな?)。競技のほうは去年と比較すると、やはり花火にも流行り廃りがある、ということと、技術的にも変化があるなぁ、ということがわかりました。あと、同じ号数の花火なのに、表現力が貧弱な花火師のところもあり、煙火店(花火屋さんをこう呼ぶそうです)によって技術力にもずいずん差があるもんだと思いました。

 帰りは前回の反省を活かし、Kiss of fire が終わった途端に歩き出し、まっすぐ駅の西口に向かいました。西口近くまではかなり空いていましたが、ちょっとトイレに寄ったのが運の尽き、トイレから出てきたらぎっしりと動かない人で埋まっていました。でも生理現象なのだから仕方ない。増発列車は8/15のときよりも少ないように感じましたが、それでも 22:30には帰ってくることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2001年8月 | トップページ | 2001年10月 »