« 2002年8月 | トップページ | 2002年10月 »

2002年9月

トータル フィアーズ

あまり映画を観には行かないのですが、トムクランシーの「恐怖の総和(The sum of all fears)」の映画化、ということで半鐘君と観に行ってきました。半鐘君もトムクランシーのファンで、日ごろから「最初の数作は面白かったよなぁ」と嘆いている仲です(^^;
その面白かった初期の作品なので期待して見に行ったのですが、主人公のジャックライアンとCIA長官のマーカスギャボットがかなり役割を変えてしまっていて、原作の雰囲気はあまりありませんでした。原作ではライアンは副長官で無能な長官に苦しめられるのですが、映画では長官が切れ者で、ライアンは駆け出しのペーペー。そのおかげでラストのホットラインにライアンがたどり着くのかなり無理があったような気がします...

とはいえ、原作のことを考えないで観ればそれなりに面白い作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンタクト

カールセーガンの同名の小説が映画になったやつのDVDを観ました。映画が公開されたころから見たかったのですが、いつの間に映画は終わっていたのでしばらく忘れていましたが、DVDが1500円で売っていたのでついつい購入です。
SETI@homeも参加しているくらいSETIには興味があります。ですので、内容はなかなか面白かったのですが、映画にする、ということで見た目第一なんでしょうね、問題の電波を受信するところとか、宇宙船のシーンはかなり嘘っぽく見えてしまってイマイチでした。クリントン大統領の記者会見は面白かったです(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤ交換

11日で今の車になって一年になります。ずっと9/20が納車の日かと思っていましたが、よくよく調べてみたら11日でした。走行距離は33000km。通勤だけなら10000kmくらいのはずですから、かなり余計に走っています。
そんなにたくさん走っているためか、タイヤがもう磨り減ってなくなってしまいました(いや、けっして無茶な走り方をしてタイヤを削っているわけではないです。念のため)。前の車でGRID IIをつけていたのですが、うるさくて仕方がなかった記憶があり、今回はREGNOにしてしまいました。6万円もの出費。車を持っていると、ガソリン代や税金のほかにもこういったところでいきなり出費があるのがイタイですね。(って走りすぎなのがいけないのか?)
タイヤを交換して、ついでに今日はディーラーの一年点検もお願いしてあったので、それも済ませた後、さっそく一皮剥きに走りに行きました(こんなことをやっているから走行距離が伸びてしまう)。行き先は久しぶりの新穂高の湯。もちろん新品タイヤですからゆっくりと走ります。途中で増し締め。静かなタイヤはいいですねぇ。温泉に入って帰る途中で、奈川渡ダムのところで右折して薮原に行きました。そこでいつもの奥木曾湖(ダム)の堰堤を走っていたら、ちょうどのそこから見えるところで花火大会をやっていました。あのあたりは谷が深くいためか、大きなものだと20秒くらい残響が聞こえていました。もちろん、規模からすれば諏訪の花火大会には足元にも及びませんが、あの音響はすごかった。諏訪湖のよりもいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消防の操法大会

今年も会社の自衛消防隊の操法大会がありました。今年は去年にもまして仕事が忙しくて(なぜかお昼くらいに超緊急の仕事が来たりするんですよねぇ)練習にあまり顔を出すことができませんでした。あと、これから練習の本番、というお盆明けに一週間も休みを取って北海道に遊びに行っていたし...
もちろん、選手ではなかったのですが、今年は会場整備係になってしまいました。選手が走り回ったグランドを次の組が有利にならないように(跡がついていると目印にしてしまうから)、竹箒で掃く係りです。自衛消防隊の伝統にのっとって(?)前日は松本に繰り出していたので、フラフラの状態での会場整備でした。気分は悪いし、眠いし、日に焼けるし、雨は降ってくるしでさんざんでした。
競技の結果は男子の小型ポンプが5位入賞なのは立派でした。今年は女子屋内消火栓がなかったのがちょっと寂しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作花火大会

今年も行ってきました、諏訪湖の新作花火大会(正式には第20回全国新作花火競技大会というらしい)。
出遅れた去年よりもさらに出発が遅れてしまって、会場に着いたのはすでに18時半くらい。チケットはまだ買うことができたので、石彫公園の中で見ることができましたが、場所がなかなか確保できなくて苦労しました。もっと早めに行かないとね。
内容は煙火店ごとにいろいろと特色があって見ごたえがあるものでした。諏訪湖の花火大会以外は最近では行ってないのでなんともいえませんが、まるでストロボみたいに明るく光るやつが何回かありましたが、アレは正直言って好きになれないですね。まともに見てられないくらい明るいですから。もっとシンプルなやつがよかったです(色を一切使っていなかった「モノクローム」というのがなかなかよかったです。年寄り?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年8月 | トップページ | 2002年10月 »