« 柿其渓谷 | トップページ | 欲しい欲しい病2 »

無灯火の高校生

めっきり暗くなるのが早くなってきました。たとえ定時に会社を出ることができても、もう真っ暗です。会社から自宅までは大半が真っ暗な田舎道なので、ライトがないと怖くて走ることができません。でもそんなところにも無灯火の自転車がいるんですよねぇ。見たところほとんどが高校生。あんまり危ないときは怒鳴るんですが、あまりの多さにびっくりしてしまいます。ぶつからなきゃ分からないのか?
僕は車やほかの自転車にぶつかられたくないので、前はヘッドライト、後ろはヘルメットとシートポストに赤LEDのチカチカ、ちょっと格好悪いですが、スポークにはさむタイプの反射板を付けています。それでも後ろから車が来ると怖いですね。自分で車を運転するようになってから自転車の怖さが分かりましたし、自転車によく乗るようになってから車の運転も気をつけるようになりました。長野県は大人は車でしか移動しない(歩くこともない)から、危ないですねぇ。

|

« 柿其渓谷 | トップページ | 欲しい欲しい病2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/1914974

この記事へのトラックバック一覧です: 無灯火の高校生:

« 柿其渓谷 | トップページ | 欲しい欲しい病2 »