« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

誕生日~

3/28は誕生日でした。妻がチーズケーキを買ってきてくれたくらいで、あとは普通の日でした。
夜は中国語の授業もあったし、さらに残業もしてからの帰宅だったし。
で、「31歳になっちゃったなぁ。あんまり年取った実感がなくなっちゃって、それが年取った証拠なのか?」みたいなことをブログに書こうと思ったのに、ココログは大幅なバージョンアップの日だったみたいで、アクセスがぜんぜんできませんでした...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WBC優勝

WBC、日本が世界一になりましたね。日本から離れて日本を応援するのもなかなかいいもんです。
テレビ中継はすっかりあきらめていたんですが、台湾のケーブルテレビは中継をやってたみたいです。今日の決勝戦は、ちょうどお昼休みが7回から9回にかけてだったので、ご飯を食べに行ったところでテレビ観戦しました。7回、8回は日本の選手が緊張しまくりで、まるで高校野球を見ているみたいでした。ここで負けたら優勝がなくなる、という意味では高校野球に近いものがありますね。

今日は日本は春分の日でお休みですが、台湾では通常の平日でした。テレビ観戦といっても最後まで見ることができなかったのは残念(6人の日本人赴任者仲間でテレビを見ていたんですが、時間を気にしながらも10分くらいお昼休みをオーバーして会社に戻ったのがちょっと気が小さい感じがして面白かったです。僕だけ課長補佐みたいな役職ですが、ほかの人はもっとみんな偉いんだから最後まで見て帰っても文句なんて言われないだろうに)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喧嘩すること勿(なか)れ!?

20060319-CIMG2528バスに乗っていると、LEDの行き先表示板に「車内では携帯電話の使用は小さな声で」とか、「飲食禁止」といった注意事項が流れることがあります(壊れているor操作が面倒で点灯していない、というバスのほうが多いですが)。その中で、「車内請勿喧嘩」と出るものがありました。高校で習った漢文の知識を総動員して読めば、「車内では、喧嘩すること勿れと請う」と読めます。
「いやぁ。台湾の人はすごいなぁ。ところかまわず喧嘩するのかぁ。さすが南国(?)。」なんて思っていましたが、喧嘩って、「騒がしくする」くらいの意味なんですね...妻から教えてもらいました。迪化街に行くときに乗ったバスに英語でも注意が書かれていました。たしかに、「うるさくするな」といった程度の意味ですね。

中国語、読める漢字が多いからって、しっかり調べないと、ぜんぜん違う意味かもしれないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迪化街

20060319-IMG_6937旧正月前に迪化街に行ったときは、すごい人でびっくりしました。普段は乾物や布などの問屋街だ、ということなので、どんな様子か見に行ってみました。バスで行きました。年貨のときは人がたくさんいて、バス停も係員が出て整理に当たっていたから降りるバス停がわかりましたが、降りる人も少なく、良くわかりませんでした(結局降りたところは前回と違うバス停みたいでした)。地図を片手に南京西路がここだからこの辺かな~?なんていいながら歩いていたら通りにたどり着けました。通りに名前がついていて、碁盤の目のように道がある台北は行きたいところに簡単にたどり着けますね。夏になったら歩くのもイヤになるかもしれないけど。
20060319-IMG_6939R年貨のときとはまったく違って、人が少ない静かな街でした。からすみとか花茶を求めて日本人観光客の姿が結構目立ちました。年貨のときは1時間以上かけて往復した通りも、普通に歩いてみたらあっという間に端までいけちゃいました。すごい違いです。静かな迪化街も良いですね。今度行ったらもうちょっとしっかり古い建物を撮ってくることにします。2枚目の写真は迪化街で見かけた光景。台北は新しいきれいなビルがどんどん建っていますが、古い家もたくさん残っています。その対比がなかなか好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の飲み物(哈密瓜奶茶)

20060318-IMG_6944またコンビニで変なものを見つけたので買ってきてしまいました。その名も「メロンミルクティー」。日本人にもわかるように(!?)カタカナで書いてあります。中の色は妻の予想は「白」、僕の予想は「米色(薄い黄色)」。実際にあけてみたら大体僕の予想があっていました。ま、ミルクティーにメロンが入っただけですから、ミルクティーそのままの色に近いです。味は本当にメロンとミルクティーを混ぜたような味。しっかりメロンの香りがします。今日の午後は割りとたくさん歩いたので喉が渇いていたんでしょうね、全部飲んでしまいました。砂糖が多いみたいでかえって水分が欲しくなっちゃいましたが。
台湾に来る前の自分だったらメロンにミルクティーは驚異的だったでしょうけど、この程度は慣れてしまったみたいです。☆☆☆★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の飲み物(Karamalz)

20060318-IMG_6928r今週の飲み物は台湾で買いましたが、ドイツの飲み物です。僕はアレルギー性鼻炎もちで、医者からは飲酒を止められています。なので、お酒を飲むのは職場の飲み会で他の人から飲まされるときだけ。台湾は中華料理を食べるときに紹興酒を飲むので、結構辛いです。ひどいときは一週間くらい鼻が腫れてしまいます。できるだけ「我不会(he1)酒」と言って飲まないようにしないと大変です。でも、時々ビールくらいは飲みたくなります。もともと飲めるほうではないので、350mlもあれば一晩愉快でいられます(それも鼻炎がひどくなった一年前からは飲めなくなりましたけど)。
で、台湾でもローアルコールビールがないかな?と、こちらに来てからあちこち探したんですが、スーパーに行っても見当たりません。こちらの道路交通法でも飲酒運転は禁止で、時々ニュースでも飲酒運転の事故の話をしているので飲酒運転自体は問題にはなっているんでしょうけど、日本ほど厳しい罰則がないせいか飲酒運転を結構やっちゃってるみたいです。日本でも罰則が厳しくなってから、ローアルコールビールがたくさん出るようになりましたね。なので、半ばあきらめていたんですが、先日会社の近くの三越にお昼ご飯を食べに行ったときにお茶を買うついでに偶然見つけました。ドイツのKaramalz(カラモルツ)というノンアルコールビールです。38元と、日本で買ってもそれくらいで買えるかなーという値段だったので、ついつい買って会社に戻りました。
家で冷やして、夕食に飲んでみました。黒ビールみたいで、香りも甘い香りはしますが、ビールみたいです。味はカラメルか黒糖か良くわかりませんが、結構甘めでした。もうちょっと甘くないほうがいいなぁ。自分の飲み方にはちょっと適さないです。他にもローアルコールビールが売られていたので、チャレンジしてみたいと思います。
☆☆★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陽明山

20060311-IMG_6858台北の中心からバスで1時間ほどのところに国家公園(国立公園)の陽明山があります。2月半ばから3月半ばまで花の季節ということで臨時バスが運行されています。土曜日は天気がよさそうだったので、前日から「明日は陽明山に行くぞ」と決めていました。早めに朝ごはんを食べて8時に出発。台北駅までは信義幹線、台北駅からは臨時バスに乗っていきました。交通費は一人当たり全部で45元(約150円)しかかかりません。ふたりで往復しても180元。安いです。
天気はとても良く、まさに観光日和でした。夜の遅い台湾のこと、思い切って早めに出たつもりだったのですが、10時は結構な人がいました。
20060311-IMG_6854陽明山はバスを降りてからも周りを巡回するバスに乗り換えていろいろなところにいけます。今回はすぐ近くの陽明公園に行くことにしたので巡回バスには乗りませんでした。この写真が陽明公園の中では有名な「花時計」です。ちょうど10時だったせいか、時計の上についているスピーカーから大音響で妙な音楽が流れていて近くにいられませんでした。台北の人は大音響に慣れているので、腰掛けてくつろいでいる人が多いです。僕たちが見て回ったところは、ツツジや桜、コスモスが咲いていましたが、どれもちょっと終わりかけでした。残念。
20060311-IMG_6897あちこち歩いた後、お昼ご飯は台北で食べよう、ということになって(陽明山にはソーセージなんかの屋台くらいしか出ていません)、11時くらいに元のバス停に戻りました。バス停から公園に向かう人の流れが来たときよりずっと増えています。夕方は大渋滞になるんでしょうね。バス停への途中、トカゲを見かけました。しゃがみこんで写真を撮ったんですが、ピンボケ写真を量産してしまいました。写真を撮っているうちに背後に気配を感じたので、声をかけられる前に立ち去りました。
20060311-IMG_6903ちょっと行ってから振り返るとこの通り、トカゲを覗き込む人たちがいました。なんだかとても台湾人らしいなぁと思います。写真の方向が公園に向かう方向です。すごい人の波なのがわかると思います。行楽地にみんな押しかける、というのも台湾の人らしいです(人の事言えませんが)。
20060311-IMG_6906バス停に戻ってきました。いかにも観光地のバスの溜り場、という感じです。でも、路線バスなのが日本と違うところかな? 観光バスが登ってくるのは少なかったように思います。ここから台北駅まで帰りも1時間かかりました。陽明山への上りは交通渋滞が起きていました。夕方は上りも下りも渋滞になって1時間では帰れなかったでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台北国際自行車展覧会

台北世貿中心でアジア最大の自転車ショーがあるということで、行ってきました。台北国際自行車展覧会です。今日は平日ですが、朝、病院に行く用事があったので、午前半休を申請して、病院に行った後、10時半くらいから1時間ちょっと見てきました。
世貿中心Webの予定表を見るとわかるんですが、会場がとても広いです。世貿中心には1,2,3館と三つのイベント会場があるのですが、1,3を使い、1館は1階全部と2階の一部という広さです。さすがアジア最大。おととし東京の自転車展に行ってきたんですが、そのときより会場は広く感じました。
ただし、小さなブースが多くて、ほとんどが商談目的のようでした。僕もバイヤーということで無料で入ったんですが(普通の人は200元かかる。チケットを買う場所がわからずウロウロしてたら名刺を出せ、と英語で言われて、出したらバイヤーストラップをもらえてしまった...)、もちろん商談なんかしないので、大半のブースは素通りでした。そうはいっても、いろいろなフレームやパーツ、完成車も面白いのがたくさんあって楽しかったです。期待していた試乗会は案内された場所に行ってみたんですがぜんぜんやってませんでした。午前中に行ったからかな? 面白かったら最終日の明日も行こうかと思っていましたが、明日はパスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の飲み物(生活 運動飲料)

20060305-IMG_6434r今週の飲み物は妻がどこかで見つけてきてくれました。ハズレを飲ませて喜ぼう、という魂胆のようです。というわけで、生活 運動飲料です。葡萄柚味と書かれているので、たぶん、グレープフルーツ味なんでしょうね。パッケージには緑の中を健康そうに自転車で駆け抜けるふたりが描かれています。このパッケージだと日本ではまず売れないでしょうね。妻は緑あふれる健康によさそうな味(つまり青汁みたいなもんか?)を期待していたようですが、飲んでみて意外。ほとんどポカリスエットでした。こちらのほうがちょっとだけ甘いかな? 400mlでNT$12だったそうですから、安いですね。スポーツドリンクとして常用できそうです。普段はスポーツドリンクを飲まないので、あまり飲む機会はなさそうですが。☆☆☆☆★

| | コメント (1) | トラックバック (0)

象山ハイキング

20060304-IMG_6454台北101の近くに四獣山というところがあり、ハイキングコースになっているそうです。今日は天気がとても良かった(この季節にしてはとても珍しい!)ので、日ごろの運動不足を少しでも解消すべく、ハイキングに行ってきました。バスで一本、38番に乗って呉興国小というところで降りました。ココまでは前日にインターネットで調べておきました。そこからはしっかり調べていなかったのですが、闇雲に山のほうに歩いていったら「Hiking trail」と書かれた看板が見つかり、それに沿っていったら5分もかからず上り口に到着することができました。
20060304-IMG_6456それが、これ。ちょっとハデです。近くに地図があったのですが、野菜売りのおばちゃんが店を広げていたので、あまり近寄れませんでした... いきなり急な階段がみえ、ちょっとひるんじゃいます。
20060304-IMG_6460急な階段です。とっても急で、勢い良く登っていたら息が切れてしまいました。階段の間隔はちょっと狭いかな? でも、ずっとこのように整備されていました。四獣山は象山・虎山・豹山・獅山の総称だそうで、ハイキングコースで繋がっています。端から端までで大体2時間くらいだそうです。
20060304-IMG_6462最初の山が象山、そこからの眺めはなかなかです。台北市を一望できます。とにかく目立つのが台北101。距離が近いのもあって、とても目立ちますね。右のほうに新光三越が見えます。
20060304-IMG_6474普段、街の中で生活しているとあまり気が付きませんが、台湾は亜熱帯です。巨大なワラビみたいなものが生えているなど、シダ植物は大きいです。生まれ育った岐阜県や最近までいた長野県ではまず見ることがないような光景でした。さすがに冬は10度くらいまで冷え込む日があるので、葉が落ちてるみたいですね。今日は天気が良くて、歩いている最中はTシャツ一枚でも大丈夫な暖かさでした。
この後、他のみっつの山に登るつもりだったんですが、道がわからなくて適当に歩いていたら、ふもとについてしまいました。永春高だったかな? バスの終点があるところでした。午前中いっぱい使って2時間くらい歩くつもりだったのに1時間弱しか歩いていなかったので、そこから101まで歩いて妻と合流。101のフードコートでお昼ご飯を食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多媒体展

我が家からはバス一本で台北最大のイベント会場、台北世貿中心に行くことができます。先週、お菓子展に行ったついでに、台北國際電腦多媒體展という展覧会があったので、見に行ってきました。マルチメディア展ですね。昼食後でお腹がいっぱいだったので、お菓子展より、こっちのほうが楽しめました...

会場内は日本ではあまり見かけないPDA型の携帯電話(スマートフォン)や、GPS付きのPDAがずらりと並んでいました。そういったPDAや普通のPCがたくさん並んでいるのですが、展覧会といいながら即売しているのが台湾風でしょうか? おかげですごい人でした。
20060226-IMG_6381その中で見かけたスゴイ商品がこれ。はっきり見えませんが、プリンタの手前にあるのはインクタンクです。そこからチューブが出ていて、プリンタに繋がっています。HP,EPSON,CANONなどのメーカに対応しているそうなんですが... こんな展覧会に堂々と出してもいい商品なんだろうか? ヤバそうだったから写真撮り逃げです。ま、電気街に行くと、道端にたくさんインク詰め業者がいますからいいのかもしれません。
20060226-IMG_6386AMDおねえさん。最近はインテル製のCPUばかり使っていて、AMDは使ってないですねぇ。自作をしなくなってCPUにどんな種類があってどんな特徴があるのかわからなくなってしまいました。AMDおねえさんはブースにいるのではなく、あちこちを宣伝して歩いていました。Intelは大きなブースを持っていましたが、AMDはなかったのかな? あわてて撮ったのでピントが外れてますね。なんとなくシャッキリしない写りになっちゃいました。
20060226-IMG_6401おねえさんのレベルがダントツだったのが奇美電子(Chi Mei)でした。最初からがんばって場所取りをしたわけじゃなかったので、端っこから写真を撮らせてもらいました。かなり狭いステージだったんですが、飛んだりはねたりにぎやかでした。50mm単焦点をつけていたので、フレーミングが大変。ステージが思ったより狭く、バストアップどころか顔だけになっちゃいそうでした。EF-S 17-55mm F2.8 IS USM 欲しいですね。定価で15万もしますが...
20060226-IMG_6422一番端っこに陣取ってたおかげで、舞台裏を見ることができました。ノリのいいおねえさんで、写真を撮っているところを写真に撮らせてもらいました。奇美のスタッフの女性も顔が小さくてきれいな人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »