« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

空襲があったら...

台湾は戒厳令は解かれてからかなりの年月が経っていますが、戦争を想定したことはいろいろあります。早朝の訓練のサイレンだったり、地下があるビルには何人が収容できる、とかかれていたり。あ、地下鉄の入り口はかなり分厚い扉が閉まるようになっています。これも空襲があったときのためでしょうか。

20060829r0011067

というわけで、ビルの柱に貼ってあったポスターです。

台湾では男性に1年半の兵役が定められていて大学を出たら軍隊にいきます。つい最近、ウチの職場にいた契約社員が軍隊に行く、ということで辞めていきました。経済の交流は活発だけど、なかなかうまくいかないもんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパゲッティ配線...

ひとつ気が付くと、あちこちで目に付きます。
多分、ケーブルテレビの同軸ケーブルですね。台北ではケーブルテレビが広く普及しているので、そこらじゅうのビルの壁でこんな光景になっています。

20060828r0011443

もう、わけがわかりません。なにか故障したりしたら、どうするんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三峡老街

20060827img_7578

三峡老街です。三峡祖師廟からすぐのところにあります。レンガ造りの建物が並んでいますが、工事中が多いです。何でかなーと思いながら歩いてましたが、家に帰ってきてから写真を見て気が付きました。

20060827img_7576

再建するからセールをやってる、みたいな意味でしょうか? 観光老街にきれいに整備しようとしているのかもしれません。土産物屋なんかは雰囲気があって良かったです。
あとは、何を商っているか良くわからないお店もたくさんありましたねぇ。台湾です。

20060827img_7569

おまけに三峡祖師廟の写真を追加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三峡祖師廟

先日、鶯歌に行ったときに三峡に行きたかったけど、行けなかったので、今日は三峡経由鶯歌を目指しました。MRT西門駅の前で705番のバスに乗って行きましたが、終点まで行かず途中の土城で止まってしまうバスでした...そこで土城で812番を待ってそれに乗り、計1時間半くらいかけて三峡に着きました。
バスを途中で降りちゃったので、他のバスや高速バスの発着場がどこにあるかわからずじまいでした(失敗)。

20060827r0011702

で、三峡といえば、祖師廟。だそうです。遠くから見ると、一見龍山寺と同じに見えます。

20060827img_7567

が、柱の細工や建物の細工は全然違います。これは一見の価値あり。勉強不足で細かいところはわかりませんが、象なんかもいました。

20060827img_7571

所狭しと施されているレリーフはヨーロッパの石造りの教会を思い出しました。
なかなか圧倒される廟でした。

このあたりで時間を取られすぎて、タクシーで移動した鶯歌では駅前の観光陶市をみて回っただけで、電車で帰ってきちゃいました。行きはバスで時間がかかった(ウチからなら合計2時間くらい?)けど、帰りは電車+バスで1時間かかりませんでした。
鶯歌に皿を見に行こう、と妻を連れ出したのですが、ぜんぜん約束を守れなくて、ごめん。寺とか廟とかあんまり興味ないもんね...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

台湾で讃岐うどん

20060827r0011700

台北で讃岐うどんを食べるなら、と紹介されていたうどん屋さんに行ってきました。台北駅近くの南陽街。周りは予備校が集まっていて、歩いている人も若い人が多いです。
ひらがなでおおきく「うどん」と書かれている看板が目立つので、すぐに場所はわかりました。入ってすぐにコロッケやてんぷらを選ぶコーナーがあって、ここでカレーコロッケ40元を選択。レジまで行くと、うどんのメニューが出ているので、指差しで注文できます。讃岐烏龍麺(讃岐うどん)の中、70元を注文しました。合計110元ですから、400円くらい。席について待っていると数分で持ってきてもらえました。

肝心のうどんなんですが、コシが無いというか、ただ硬いだけで、麺はイマイチでした。めんつゆも味が薄くどうもなぁ... 冷凍食品と思われるカレーコロッケだけは予想通りの味でした。
どうも冷たい麺が日本人向けらしいので、今度行くことがあったら冷たい麺に挑戦してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

度小月(擔仔麺)

擔仔麺を食べに、忠考敦化站近くの度小月に行ってきました。行くのは2回目。台南がルーツのお店で、入り口はその雰囲気を残しているそうです。

擔仔麺のお店、度小月に入ってすぐ
GR Digital

入ってすぐのところで麺を茹でてます。席は2階。お店に入ると、すぐに「いらしゃいませ~、ふたり?」と聞かれます。聞かれなくても「ふたり!」といいながら入店すれば、日本語で案内してくれますし、メニューも日本語が書いてあるので安心です。

擔仔麺 魯鴨蛋つき
GR Digital

これが擔仔麺。台北風と台南風、麺は普通、河粉と選べます。写真は台南風の卵麺(普通の麺)です。50元。オプションで魯鴨蛋(カモの卵の煮込み)をつけています。お碗は小さめで、お酒を飲んだ後に軽く食べるのにもよさそうです。

20060826r0011688
GR Digital

オススメ、と書かれていた、エビの巻き揚げ?名前を忘れてしまいました。わさび醤油をつけて頂きます。

度小月の炸豆腐
GR Digital

豆腐を揚げた炸豆腐。あげみたいにならないのはなんででしょうね。出てきてすぐに食べると火傷をするかもしれないので、注意。醤油ベースのタレにつけて頂きます。

まあまあ簡単に行けるし、おいしいので、また行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保齢球大賽

中国語で「保齢球」ってなんだかわかりますか? 日本では昔は「投球」とか、「十柱戯」と漢字で書かれていたそうです。

台湾のボウリング場

答えはボウリング。保齢球の北京語の発音はちょっとボウリングに似ています。
会社のボウリング大会があって、職場のチームに入れてもらって参加してきました。台湾ではボウリングは日本ほど一般的ではないようで、台北市内にもあまりボウリング場は無いようです。今回は市民大道-敦化南路にある「王碑保齢球場」(だったかなぁ)を貸りきって行われました。写真にあるように、日本の最近のボウリング場に比べると、天井が低いせいか狭く感じます。
あまり一般的ではないスポーツのせいか、みんなのスコアもあまりよくありません(^^; 僕は普段は110~130点くらいで、日本だと下位から数えたほうが早いです。でも、今回の大会では上から数えたほうが早かったです。
団体戦は、1ゲームをチームメンバー5人で1フレームずつ投げ、4ゲームの合計点を競います。なんと我がチームは550点くらいで優勝することができました!よかったよかった。

金曜日の晩にやりましたが、家族も含めて100人くらいは集まったのではないでしょうか? なかなかにぎやかでした。台湾らしく、いつ始まって、いつ終わったのか良くわかりませんでしたね(^^;
あと、ボール置き場は重さ別じゃない(だいたいあまり重さのバリエーションが無い)、ボールをみんな適当に使う(だからどんどん投げられる)、その割りにボール置き場は詰まっちゃうくらい置いちゃう、と習慣が違うのもなかなか面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国語の先生

台湾に来て10ヶ月になりました。もう8ヶ月以上、同じ先生にマンツーマンでレッスンを受けていたのですが、事情により先生を交代してもらいました。今までは割りとガンガンしゃべるタイプのオバサン先生だったのですが、派遣会社から派遣されてきた新しい先生は大学生(?)くらいの女性でした。
気が弱そうで、日本語がニガテです。英語で説明を試みてくれましたが、残念ながら僕が英語はダメ。慣れてくるともっとはっきりいろいろ言われるかもしれませんので、そうなることに期待して、しばらくこの先生でお願いしてみようと思います。(まだ2回しか受けてないので様子がわかりません)

先生が変わると、授業の進め方が変わるのはいいとして、中身まで変わってしまうのはびっくり。語学ですから絶対の正解はないわけで、先生の好きな言い回しが多くなるみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大相撲のレセプション

昨日、今日と台湾巡業のあった大相撲、先週の金曜日にレセプションが開かれて、参加してきました。日僑商工会経由でお話をいただき、大相撲にはあまり詳しくないですが申し込んでしまいました。

20060820r0011562

力士の皆さんと立食パーティ。その前には関係者の挨拶や副総統(!)の挨拶までありました。だから入場チェックが厳し目だったんですね。写真は、始まってすぐの頃。だから、関取も一般のお客さんも料理に殺到してます(^^;

普段、テレビでしか見ることができない力士をすぐ近くで見ることができ、一緒に写真を撮ってもらったりして、楽しい時間を過ごしました。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

鶯歌老街

先週、前から行ってみたいと思っていた鶯歌老街(Ying Ge Lao Jie (インガーラオジェ))に行ってきました。台北から電車で30分ほどのところにある陶器で有名なところです(台湾の景徳鎮と呼ばれてるとか?)。

台北駅の自動券売機まずは家からバスで台北駅へ。台北駅では自動券売機で切符を買います。台湾の鉄道は、乗る列車によって切符が違うので注意しながら買います。鶯歌は特急がほとんど停まらない駅なので、「電車」で行きます(帰りは「莒光號」が停まったので、それに乗って帰って来ました)。NT$31(100円ちょっと)。安くていいですね。
鶯歌站の月台電車に乗っている時間は30分くらいですが、時刻を調べないで台北駅まで行ってしまったので、30分ほど待ちました。もっと本数があると思ったのですが、あまりたくさん走っていないみたいです。あまりスピードを出すことなく、鶯歌駅到着。板橋までは地下を走っていて、地上に出たとたんに、横に台湾高鐵(台湾新幹線)の車両が見えました。「おーっ」と独りで興奮してましたが、周りの人は気が付かないのか慣れてるのか、見向きもしませんでした。

20060820r0011492駅から降りるとそこは地方都市!という感じです。台北とは雰囲気が違いますね。道路が碁盤の目ではないので、ちょっと迷いましたが「鶯歌老街」という看板を見つけたので、それにしたがって歩いていくとたどり着くことができました。
20060820r0011495入り口にある案内図、陶器ででてきていました。ただ、ちょっと何が書いてあるか良くわからなかったですが...
陶器屋が並んでいるので、気になったところに入ったりしてみましたが、平日だったからか、人が少なくちょっと寂しかったです。シャッター下りたままのお店もありましたし。
20060820r0011499新しく建てたのかきれいなビルもありましたし、崩れかけのお店もあって、なかなかいい雰囲気でした。台湾にきて見かけると思いませんでしたが、あちこちにD.I.Y.と書かれた看板がありました。手回しろくろの陶芸体験教室の案内です。NT$100から、とかなりお手ごろ。釉薬や送料を入れてもひとりNT$300~500じゃないでしょうか。

鶯歌にて 陶製のベンチぶらぶら歩いていると、陶製のベンチを発見。日差しが強く、表面が触れないくらいになっていて、腰掛ける気になりませんでした...
このほかにも、壁にも陶器が使われていたりして、本当に陶器の町です。多治見市や土岐市みたい。

20060820r0011506お昼になり、ご飯を食べようとあちこち見回したのですが、食べ物屋自体があまりありません。どうしようかなーとおもって老街の入り口まで戻ったらこんな看板を発見。「牛肉麺・簡餐 吃完麺碗送給您」(牛肉麺・軽食 食べたお碗を差し上げます)。面白そうだったので、入ってみました。注文したのは牛肉麺。NT$190。結構高いです。出てきたのが、これ。
20060820r0011507で、味は、まずいです(^^; 台北市内でNT$90くらいで食べられる牛肉麺のほうがずっとおいしいです。なので、料理はNT$60相当と判断しました。ということは、お碗はNT$130。食べるのに使ったお碗をもらえるのかと思ったのですが、そうではなく、好きなものを選んで持っていけ、ということでした。
20060820r0011510お店の中の様子。結構お客さんが入っています。「台湾は午後は人が多いです」という言葉があるくらいですから、午前中の人通りが少ないのは普通なのかもしれません。
ボールみたいな物をもらって店を出ました。周りの店ではNT$50~くらいで売られているシロモノです。たぶん。なので、結構いい商売ですね。このお店。

20060820r0011521

こんなレンガ造りの古そうな建物もあちこちに残っていました。これは老街から離れて駅に戻る途中、駅前の建国路ではなく、文化路のほうからぶらぶら戻ってみました。

20060820r0011525

結構いい感じなのですが、崩れる危険があるせいか、黄色いロープで立ち入りを制限されているところがたくさんありました。

20060820r0011527駅の階段にも陶器が使われていました。計画では帰りはバスで帰ろうと思ったのですが、バス停が見当たらず、電車で帰ってきました。タクシーで三峡というところまで行けば老街をみて回ってバスで帰れそうでしたが、暑くてふらふらだったので、帰ってきちゃいました。
我が家で使う食器を買いに、また行こうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大相撲台湾巡業

大相撲台湾場所が開かれています。今日(8/19)と明日(8/20)の二日間、台北市の台北小巨蛋にて。
大相撲の海外巡業は13年ぶりだそうです。なんだかもっと行ってるような気がしますが...韓国のソウルとか、ハワイに行ったりしてませんでしたっけ?

台湾巡業 満員御礼
GR Digital

カメラ禁止、とチケットに書いてあるようでしたが、カバンにいつも入っているので、そのまま入場。ちょっとだけ遅刻して入っていったところ、会場内はフラッシュの嵐でした...さすが台湾(?)
というわけで、遠慮なく(?)撮影。GR Digitalは35mm換算で28mmなので、迫力の力士を取ったりするのは向きません。なので、全体を写してみました。満員御礼の垂れ幕も下がっています。
ところで、サッカーW杯とか、オリンピックの中継を見ると、客席からのフラッシュがすごいですね。あんなに遠くからではフラッシュが届かないので、意味がないのに。
最近は近くのものでもノーフラッシュで撮影しています。雰囲気も出ますしね。

巡業の内容は、最初に子供に稽古をつけ、簡単な相撲の紹介と型の実演。その後に、トーナメント戦でした。決勝は朝青龍と白鵬のモンゴル対決でした。結果は朝青龍の勝ち。1回戦、2回戦あたりはみんな本気でやってないなぁという感じでしたが、準々決勝あたりから真剣っぽさが出てきて面白かったです。
台湾の人たちには千代大海が大人気でした。おじいさんが台湾出身、と紹介された(多分)あと、勝つたびに大きな拍手が沸き起こりました。残念ながら準決勝で負けちゃいましたが。

日本にいたら、近くの都市に大相撲巡業が来ても行かなかったかもしれません。せっかくだから、と観に行きましたがとても楽しかったです。14時から17時過ぎまでの3時間ほどでしたが、2時間くらいにしか感じませんでした。そのあと、寿司を食べ、帰宅。楽しい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

魯肉飯

台湾B級グルメ(C級?)で外せないのが魯肉飯(るーろうふぁん)です。魯肉とは、豚肉のバラ肉を醤油っぽいもので煮込んだものみたいです。細かく切り刻んだものを煮込んであるんですかね。醤油ベースですが、油膏(だっけ?)が入っていたり、初めて食べると独特な香りでちょっとびっくりします。

台湾のこのようなみんなが普通に食事をするところは、たいてい下の写真の右に写っているような伝票に自分で欲しいものをチェックして、お店の人に渡します。だから言葉ができなくても大丈夫です。

魯肉飯
GR Digital

この前食べた魯肉飯。ばら肉というか、ほとんど皮の部分だけです。ご飯に乗っている量が少ないですが、非常に脂っぽく、これ以上要らないです。これはなかなか安物の部類で、お店によってはもっとマシなものを出してくれます。これで25元(90円くらい)。

紫菜蛋湯
GR Digital

一緒に頼んだのが「紫菜蛋湯」(ちょっと違うかも)。紫菜というのは、海苔のことです。海苔と卵のスープですね。これは海苔の香りがよくて、なかなかおいしかったです。これも25元。
あわせて50元(180円くらい)のお昼ご飯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釈迦頭

会社の同僚から、実家で作っているという「釈迦頭」という果物を頂きました。見ての通り、ぼこぼこです。台湾では、スーパーや果物屋(水果店)にいくと良く見かけます。

釈迦頭 別名 シュガーアップル
EOS 20D EF 50mm F1.8 II

名前の由来は、仏像の頭にあるぼつぼつ(螺髪(らほつ))に見えるから、のようです。なるほど。
頂いたときは、かちかちでしたが、2,3日もするとやわらかくなります。指で押さえると簡単にへこむくらい。それくらいが食べ時だそうで、食べるちょっと前に冷蔵庫に入れて冷やしておきます。

釈迦頭を割った様子
GR Digital

割るとこんな感じ。房がたくさん見えますが、この中にレモンの種くらいの大きさの真っ黒なタネが入っています。直径15cm近くある大きくて立派なものを頂いてしまったので、すごい量です。

20060817r0011540
GR Digital

近くで見るとこんな感じ。味はとても甘く、食感はやわらかく、うーん、匂いのないドリアンみたいに感じました。とても甘いことから「シュガーアップル」とも呼ばれているみたいですね。外側の皮に近いほうに砂糖粒みたいなじゃりじゃりするところがありました。まさにシュガー。
ドリアンは「もういいや」ってなりましたが、釈迦頭なら時々食べてもいいです。今回頂いたのは台東産で、台東では年に2回収穫されるそうです。
ありがとう。>Mさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中正記念堂

先週末、天気が良かったので、中正記念堂に行ってみました。久し振りです。
青空をバックに写真を撮りたくて、暑い中、行ってきました。暑すぎて、10分くらいしかいられませんでした。記念堂まで行く気がしなかった...

中正記念堂までは、MRT(捷運)でもいけますし、ウチからだとバス一本でも行けます。

20060815r0011431
GR Digital

GR Digital は広角(35mm換算で28mm)なので、とても遠近感が強調されて、タダでさえ広い広場がとても広く写りますね。向こうまで300mか400mあります。

20060815r0011432
GR Digital

良く見かける写真、入り口の門からの写真です。

真っ白な記念堂が青空に映えてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の飲み物(近所のコーヒースタンド)

20060814r0011461

久し振りの飲み物紹介は、我が家から歩いてすぐのところにあるコーヒースタンドです。台北にはこのようなコーヒースタンドがたくさんあります。このお店の売りは、14時間かけた低温抽出のコーヒーです。一番のお勧めの「冰釀特調」を頼んでみました。360ccで40元。スターバックスの半額です。安い。さすがに自慢するだけのことはあり、香りはなかなか良かったです。ただし、砂糖とミルクを大量に入れられてしまったので、今度頼むときは砂糖半分に挑戦してみたいと思います(僕の「半糖」、発音が通じるかな?)。

お店のWebページもあるみたいなんですが、今はアクセスできないですね... 店は若者がやっています。去年の10月に台北に来てから、一度改装して、PCの会計システムを入れてたので、新しもの好きかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GR Digital 外部ファインダー

20060814img_7546r

GR Digital用に、純正のファインダーを購入しました。妻からは「格好悪い」と言われ、いい言葉はもらえませんでした...決して安いものではないですし、確かに、正直格好もあまりよくないですね。

でも、見易さはとてもいいです。もともと光学ファインダーが付いていないGR Didital なので比較はできないですが、とてもクリアで、明るく見えます。なんだか肉眼で見るより明るいくらい(?)。
ワイコンをつけた時のために、21mm相当のところにもガイドがあるので、視野率が100%以上あるのもいいですね。あまり近いところではパララックス(視差)があるため、役に立ちませんが、そんなときは液晶モニタで見ながら撮ればいいですし。

これでいよいよ他人に気軽に撮ってもらうことができなくなってしまいました(ズームがないカメラ、とか言って渡すとびっくりされるんですよね)。ま、普段はファインダーを取り外しておくと思いますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好像是台湾人

最近、林森北路に飲みに行くことがありました。先週から昨日にかけて3回も。好きな人は週に6~7日通っているそうですが、お酒を飲めないので(おねぇさんは好きですが)台北に来てから、まだ両手両足で足りるくらいしか行ったことがありません。自分のボトルを置いてある店もないですし、こんな日本人赴任者は珍しいでしょうね。少なくともウチの会社では珍しがられます。
で、その最近の3回は別々のお店に行ったのですが、全部、「あなたは日本人ですか?」とか「あなたは台湾人だと思いました」とか言われました...昨日はカジュアルフライデーで、台湾人に良く見られるような格好をしていたのでしょうがないかもしれませんが、それにしても全部のお店で言われるとは。なんで?

タイトルの「好像是台湾人」は昨日行ったお店で言われました。前日にちょうど中国語教室で勉強したばかりだったので、タイミングよく復習できました。やっぱり会話は実践しないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GR Digital プレミアムリング

20060810img_7522
EOS 20D EF50mm1.8II

GR Digitalプレミアムリングプレゼントキャンペーンで申し込んでおいたリングが届きました。日本の会社に送っておいてもらって、出張者に持ってきていただきました。これがオリジナル。

20060810img_7523
EOS 20D EF50mm1.8II

僕が申し込んだのは赤です。なかなか雰囲気が変わるもんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デパートの入場制限

20060809r0011409
GR Digital

台北にあるSOGOの入り口です。It's a small world.の時計台は有名ですね。その下に、入場者数のカウンターが付いています。写真を撮ったのは朝9時過ぎなので、まだオープンしていません(カウントされているのは従業員の数かな?)。台湾のお店は、朝遅く、夜遅くです。デパートは11時オープンで、終わるのは10時くらいかな?日本(松本)では考えられない時間までやっています。

20060809r0011409r
カウンターの部分の拡大がコレ。最大入場者数と、入場制限用のランプが付いてます。週末になるとSOGOはスゴイ人出ですので、セールの時には入場制限がかかることがあるかもしれません(あまり用事がなく、週末にこのあたりに来たことがありませんので、実際はどうだか知りません)。

20060809r0011407
GR Digital

近くの微風広場もこのように最大入場者が表示されていました。微風広場のほうが最大入場者数が多いですが、これは映画館があるせいかな? SOGOのと同じカウンターに見えますね。義務付けられているのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SonyのGPS

久しぶりに紹介記事を読んだ瞬間に欲しくなったモノがあります。ソニーのGPSユニットキット(GPS-CS1K)。大きさ:幅87×高さ36×奥行き36mm(突起部除く)、重さ:55g(電池含まず)なので、かばんにぶら下げておいてもそんなに邪魔にならなさそうです。
それで15秒おきに現在位置を記録してくれて、家に帰ってからPCを使って写真のExif情報に場所情報を書き加えてくれる、というものです。持ってるカメラはキヤノンのEOS 20D とリコーのGR Digital ですが、メーカによらずExif2.0以上なら対応、とメーカサイトに書いてあるので、自分の持ってるカメラでも大丈夫そうです(20DもGR DigitalもExifはVer.2.21です)。

20060806r0011386
GR Digital

日本に住んでたら予約してたところです。海外にいて、いつ日本に帰れるかわからないので、ちょっと考えます。仕様としては、乾電池駆動じゃなくて、2次電池を内蔵してくれて、USBケーブルから充電できるほうがありがたいですね。それで外形もちょっとスリムになるのならもうちょっと高くてもいいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

20D直った

EOS 20Dが壊れてしまった件、その後の報告してませんでした。
会社の人に手伝ってもらって、台湾の修理代理店に持ち込んだ翌々日、バックライトの線が切れているので、LCDが映りません。という検査結果が来ました。僕は出張中だったので、会社の人が電話を受けてくれました。そこで「直しますか?」と聞かれたそうです。自分でバラして半田付けすれば安い、とのことなんですが、そんなことは怖くてできません(というか、そんなこと勧めるか?普通)。当然、修理をお願いしました。多少、修理代がかかっても仕方ありません。

すぐに修理完了の連絡があって、一週間とかからずに手元に戻ってきました。最初は一週間かかるよ、と言われていたので、それより早くて感じがいいです。直接取りに行ったんですが、動作チェックや試し撮りをしていたら、隣にいた知らないお客さんがはっきりとジロジロ見てました(^^; こちらが外国人だということがわかったので話しかけてこなかったですが、いろいろ話をしたかったのかもしれません。誰にでもフレンドリーな台湾人らしいですね。
ちなみに、修理代はNT$2500(約9000円)。半田一箇所で9000円は痛いですが、仕方ないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス解析

ようやく、ココログのアクセス解析始まりましたね。
面白がっていろいろ見てきたところです。こんな高機能にしなくてもいいから早くからアクセス解析できれば良かったのに、と思ったのですが、以前のレスポンスの悪い時期なら、どんな簡易機能のアクセス解析でも使えないから一緒ですね。

まあ、あまりたくさんの人に見てもらうようなブログではないので、アクセス数は少ないですが、ページの移動元はなかなか面白いです。特に検索ページから来た人。ここ数日に来た人は「志学館 マリオ」、「ローアルコールビール 道路交通法」、「結婚式 jalbum」でした。「志学館 マリオ」の人はどんなことを調べたかったんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪ひいた~

久し振りに風邪で病院に行きました。先週の木曜日あたりからダメでした。最初はまたアレルギーかな? と思ってたんですが、点鼻薬を差してもよくなりません。土曜・日曜は寝て過ごし、月曜日は頭がガンガンしてる中、午前中だけ会社に行って午後、病院に行きました。
痛み止めと抗生物質をもらってきました。うんうんうなりながら夕食まで我慢して、食後に薬を飲んだら30分もしないうちに頭痛が消えました。恐ろしい...
まだあんまりよくないけど、かなりよくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »