« 大相撲のレセプション | トップページ | 保齢球大賽 »

中国語の先生

台湾に来て10ヶ月になりました。もう8ヶ月以上、同じ先生にマンツーマンでレッスンを受けていたのですが、事情により先生を交代してもらいました。今までは割りとガンガンしゃべるタイプのオバサン先生だったのですが、派遣会社から派遣されてきた新しい先生は大学生(?)くらいの女性でした。
気が弱そうで、日本語がニガテです。英語で説明を試みてくれましたが、残念ながら僕が英語はダメ。慣れてくるともっとはっきりいろいろ言われるかもしれませんので、そうなることに期待して、しばらくこの先生でお願いしてみようと思います。(まだ2回しか受けてないので様子がわかりません)

先生が変わると、授業の進め方が変わるのはいいとして、中身まで変わってしまうのはびっくり。語学ですから絶対の正解はないわけで、先生の好きな言い回しが多くなるみたいです。

|

« 大相撲のレセプション | トップページ | 保齢球大賽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/11591055

この記事へのトラックバック一覧です: 中国語の先生:

« 大相撲のレセプション | トップページ | 保齢球大賽 »