« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

GODIVAのカフェ

ウチからバス一本で行ける微風広場というデパートは、一昨日からアニバーサリーセールが始まりました。台湾では10月くらいから「週年慶」と呼ぶアニバーサリーセールが行われます。微風広場では11/30まで。なんと一年の6分の1は○周年記念セール(今年は5周年だそうです)をやっていることになります。
そんな微風広場にGODIVAの直営店(?)ができたということで、お昼ご飯を食べに行ったついでに寄ってきました。なんとcafeまであります。
テイクアウトのチョコレート飲料がNT$170くらいだったので、cafeはかなり高いかな?と思いつつ、入ってみました。

20060930r0011873
GR Digital

店内はビターチョコをイメージしたのか、こげ茶のソファで、かなり大人の雰囲気。空港のラウンジみたい。

20060930r0011878r
GR Digital

これはかなの注文したケーキ。おいしかったですが、僕はチョコレートの冷たい飲み物を注文したので、一口もらったんですけど、甘い飲み物+ケーキはちょっと大変でした。

20060930r0011876r
GR Digital

牛奶巧克力凍飲(うろ覚え)、NT$250。かなり高価。でもおいしかった~。たまにはいいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国語の先生、変更

今日は会社が終わってから中国語の授業の日。先生が変わってから、一ヶ月半ですが、授業の最後に来年、アメリカに留学するので、そのための勉強があって、授業ができない、と言われてしまいました。ようやく慣れてきたかな?というところだったのに。
しょうがないので、次回からはまた別の先生を手配してもらうことにします。

20060928r0011202
GR Digital 台北のバスです。

しかし、今日までの先生もスゴイなぁ。カタコトですが、日本語もしゃべるし、本格的に英語を勉強するためにアメリカに行くなんて。語学のニガテな僕からは考えられないことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きなセンサーサイズのコンデジ

SIGMAからこんなコンパクトデジカメが発表になりました。発表になったばかりのSD14と同じセンサーを使ったコンパクトデジカメです。センサーのサイズは20.7×13.8mmということで、普通のコンパクトデジカメに比べたらとても巨大です。
FOVEONセンサーはどうでもいいですが、このサイズにはとても惹かれますねぇ。GR Digitalがこれくらいで出て欲しいです。せめてフォーサーズのセンサーサイズで。あ、あとは、1400万画素なんて要りません。感度(高感度ノイズ)と、時々トリミングすることを考えると、フォーサーズで600万画素くらいがいいですかね(画素ピッチとか計算してないけど)。

撮像素子サイズはこのサイトがとても参考になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋天来了

台湾にも秋が来ます。今日、昼食を食べに外に出たら、風がさわやかでした。いつもの餃子屋へは5分ほど歩くのですが、汗もかかずに着き、とても気持ち良かったです。

20060926r0011853
GR Digital

写真は会社からみた今日の夕陽。夏の間は空気がこんなに澄んでないので、太陽がかすんでしまうことが多いです。今日は風があったせいか、とてもきれいに見えました。窓越しに撮りました。蛍光灯が写りこんでるのが失敗...
会社からの帰りの時間、外は22,3℃くらいだったのかな? 正直なところちょっと肌寒くて上着が欲しいなんて思っちゃいました。体が台湾の気候に慣れてしまいましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nikon D200

実家に立ち寄ったとき、父親がちょっと得意そうにカメラを買った、と見せてくれました。NikonのD200です。以前に僕がEOS 20Dを持って実家に帰ったら「先越されたー」と言ってたので、ついに購入、ということでしょう。今までキヤノンのコンパクトデジカメを使っていたので、キヤノンかと思ったらニコンでした。団塊の世代はキヤノンよりニコンじゃない?、というのが妻の分析。なるほど。

20060924dsc_0014
Nikon D200 / AF-S DX zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF)
70mm / F4.5 / 1/80s / ISO400

早速借りて、たまたまカバンに入ってたCFで試写。シャッターのボタンの感触、シャッター音、ミラーショック、ファインダーの見え具合、いいですね!20Dより数段いい感じです。特に良かったのは、ミラーショックがとても小さいことと、ファインダーが見えやすいこと。「メカはニコン」というのはインターネットで良く見かけますが、ホントですね。防塵もいい感じです。
筐体デザインはキヤノンのほうが慣れているせいか、どうもなぁという感じですが。
画質はいろいろな場面を撮ってないので、わからないです。ISO800とかで撮っておけば、暗部ノイズを見れたのですが、400まではあまり変わらなさそうです。そういえば、初めての1000万画素のカメラを触りました。

昔一眼レフを持っていたはずなのに、液晶モニタに絵が出ない(ライブビューじゃない)ということが最初は故障じゃないかといろいろいじくってたそうです...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久し振りの日本

新しくなった松本駅のコンコース

久し振りの日本でした。3泊4日の出張。出社したのは木曜日、金曜日の二日間だけでした。2日もあれば十分かな? と思っていましたが、時間が足りなかったです。
幸い、夜は開発部隊、同期のみんななどが誘ってくれて独り寂しく晩ごはん、は到着した晩だけでした(金曜日は送り出し職場の飲み会と同期のみんなとの食事会が重なって忙しかったくらいでした...)。毎晩、日が替わるまで飲んでたので、いささか大変でした(^^;

松本駅は4月以来でしたが、改札口がすっかり変わって、自由通路ができていて、びっくりしました。写真は東西自由通路の西側。冬はきれいにアルプスが見えるんでしょうね。
土曜日は実家にも寄ってきました。こちらも4月以来。実家も玄関が改装されてたりしましたが、やっぱり落ち着きますねぇ。滞在時間は3時間くらいで忙しかったです。次はいつ行けるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本出張

明日から日本出張です。水曜日フライト、木曜、金曜と松本にある本社に出社して、土曜日フライトで台湾に戻ってきます。
今日の中国語の授業で先生に「回日本(日本に戻る)」って言っていいんだよ、といわれましたが、なんだか戻る、という感じはしないです。あさってで11ヶ月。1年近くも住んでりゃ、ベースは台北で、日本はやっぱり「行く」ところになっちゃいますね。

というわけで、日本の人。誰か相手してください...


閑話休題(どっちが閑話なんだか)
宜蘭に行くのに雪山トンネルができて便利になった。という話を書きましたが、日本だと阿房トンネルみたいな感じですね(もっとも雪山トンネルは平地からいきなりトンネルに突入するので周りの景色は違いますが)。
阿房トンネルは旧道を通ると1時間かかっていましたが、トンネルだと10分くらいで、とても便利です。750円取られることを除けば... でも、旧道を通る車が減ったので、がんばれば15分くらいで旧道を通り抜けられるんですよねぇ。だいぶがんばらないといけないので、疲れ果てちゃいますが(^^;
ちなみに雪山トンネルは昨日から有料になったみたいです。ギリギリ無料の時に通ったことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社のWorkshop

金曜日、土曜日と、会社のWorkshopでした。職場のメンバー+ウチの部門を担当している副社長の19人で、台湾の東海岸の都市、宜蘭に行ってきました。ま、Workshopとは名ばかり(?)で、半分以上は遊びに行くようなもんです。

20060917r0011813

ここが会議&宿泊に使ったホテル。台湾のホテルには、会議パックとでも呼ぶんでしょうか、会議室+10時3時のおやつ+食事+宿泊がセットになったプランが結構あるみたいです。ウチの会社はすべての職場が年に一度Workshopを行う決まりになっています(日本人スタッフだけのWorkshopというのもあります)。割と一般的なのかもしれません。
温泉地で、わざわざ台北から1時間ほどのところに来ているあたりも、ある程度息抜きを兼ねていることがわかります。
台北から1時間なんですが、これは「雪山トンネル」が今年の6月16日に開通したため。それまでは2時間以上かかっていたルートがわずか20分くらいになったので、宜蘭は行きやすい観光地になったようです。

20060917img_7714r

一日目の午後は「国立伝統芸術中心」に行きました。ここは、台湾の伝統的な芸術、生活、工芸などが学べるところらしいです。ココの「民芸街」というところを使って簡単なゲームなどを行ったため、他のところはどうなっているのか良くわかりません。雨が降っていたので、あまりあちこち探索しませんでした。日本語の音声ガイドの貸し出しがあったので、外国人観光客も見て楽しいのかもしれません。
「民芸街」では、いろいろな民芸品が売られていますが、いくつかの店では自分で作ることができるようになっています。写真のキーホルダーはくらけん作。ウサギ年生まれなので、ウサギです。反対側は名前と日付を入れました。これで100元(350円)。このほかにも、砂をビンに入れて固めてもらうのとか、タイルを貼り付けるフォトフレームとか、いろいろありました。

この国立伝統民芸中心での活動以外は、ホテルの会議室で「チームの協調性を高める」とか「みんなで考えることで難問を解決する」といった題目でさまざまなゲームをやって過ごしました。幹事さんは準備だけでかなり大変だったことでしょう。お疲れ様でした。最後に、お土産に地元名産の「宜蘭餅」をもらって帰ってきました。

昼も夜もなかなかのご馳走で、お腹の調子が狂ってしまいました。先週の大陸出張、今週のWorkshop、来週は日本出張で、胃腸が休まる暇がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倒扁vs挺扁

先週末から、台湾は大変なことになっています。数ヶ月前から陳水扁総統の周りでいろいろな問題が起き、「総統辞めろ!」の声が挙がっていたんですが、ついに大規模な座り込み、デモ行進が始まりました。
「阿扁下台」(阿扁(陳水扁総統の愛称)は辞めろ!」と叫ぶのは、元民進党党首の施明徳さん。台北市にある総統府の前や台北駅でのデモを許可したのは、現在野党の国民党党首、馬英九市長。陳水扁総統は民進党。とてもややこしいことになっています...

おとといの晩のデモ行進では30万人が集まったとか(テレビによっては、50万とか、75万とかやってました)で、夜中の12時までテレビを見てましたが、ずっと生中継してました。台湾のテレビ局は支持母体が割りとハッキリしているようで、民進党派のテレビ局ではあまり報道はしていませんが、反民進党系では特番で大騒ぎです。
今のところ、会社の人たちが休みを取ってまでデモに参加するとか、デモ隊が暴徒化するといったことは無いのですが、今後どうなるでしょうか... (一応、施明徳さんは「倒扁静坐活動」ということで、非暴力を訴えています。施さんは国民的英雄だそう(国民党独裁時代に長年投獄されてたみたい)で、今のところ求心力を保っているようです。ずっと静かに活動が続けばいいのですが。)

一方の陳水扁派も黙ってはいません。台湾の独立を目指す「台湾社」という団体が主催する「挺扁活動」(陳水扁を支える活動)が昨日行われたようです。規模は良くわかりませんでした。人数では圧倒的に倒扁派が多いようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中正国際空港が改称

台湾の玄関、「中正国際空港」の名前が変更になりました。9/6付けで、「台湾桃園国際空港」に。このことを知ったのは割りと最近(10日前くらい?)でしたが、もう実施。さすが台湾。
世論調査では反対が多かったそうですし、地元桃園市の人は「桃園国際空港」、台北市は「台北国際空港」を希望していたというし、なんだか急で強引ですね。昨日、出張からの帰りで空港に着く前の機内アナウンスで「Taipei Tao-Yuan International airport」と言ってました。もうアナウンスは正しい空港名になってるんだ。空港内の掲示はまだ古いものばかりで、建物にでかでかと出ている文字だけ直したそうです。

ちなみに、空港の略称は「TPE」のままだそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SOGOの新館

SOGOの新館(BR4館)がまもなくオープンします。今の忠考復興店の対角に新しいビルを建ててます。去年台湾に来たときはまだ骨組みだけでした。
9月にオープンという予定ですが、予定通りオープンするでしょうか? 昨日通りかかったときは、まだ1階は空っぽでした。

20060910r0011446
GR Digital

かなり大きなビルで、かなりお客さんが流れそうですね。今のSOGOが台北で1番だそうですから、SOGOは磐石かな? 微風広場は対抗するためか、店内のあちこちが工事中です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

中国出張

大陸に出張に行ってきました。香港経由上海空港、そこから車で2時間ちょっとの蘇州です。蘇州の夏は暑い!という記憶しかなかったのですが、かなり涼しかったです。夜は長袖を着て歩いていたほうが快適なくらい。
あ、もう、9月か。台湾も帰ってきたら結構涼しくなっていました。帰り(19時くらい)で26度という電光表示を見かけました。
台湾でもだんだん秋になっていくんですね。

20060910r0011796
GR Ditial 香港空港にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東区粉圓

昨日は焼肉で食べ過ぎたので、今日のお昼は軽くしました。普通はデザートで食べるのかな?久し振りに粉圓を食べたくなったので、東區粉圓に行きました。

20060903r0011744
GR Digital

前回は旧正月のときだったかな? そのときは改装工事をしていました。食べるところが広くなって、全体にきれいになっていました。好きなものをトッピング。前回は全部指差しでしたが、今回は口に出して注文しました。(もちろん、指差しで確実を期しましたが・・・)

20060903r0011741
GR Digital

僕の注文したのは、熱い豆花に、芋圓、地瓜圓、緑豆のトッピングです。みんな冷たいのを食べていて、僕も注文する前にかき氷を用意されましたが、熱いのにしてもらいました。冷房の効いたところだから、冷たいところだと寒くなっちゃいます。芋圓、地瓜圓はQQ感(もちもち感)があってとてもおいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼肉:老乾杯

前から焼肉を食べたいなぁ、と思っていましたので、気になっていた焼肉屋、老乾杯に行ってきました。乾杯シリーズの焼肉屋は、台北市内に5店を展開しているそうです。その中でも、多分一番高級で、大人向けのところ。
店内は焼肉屋にしてはムードがあります。小食な我々は安くてたくさん食べられるところに行くより、こういった静かなところのほうがいいことに最近気が付きました。

20060902r0011730
GR Digital

今日注文したのは、写真の本日の3種盛り+カルビのどこか、焼き野菜、それに握り寿司(炙り牛トロ、玉子)、ビールと烏龍茶でした。肉の種類はカルビだけでも数種類あって、どこのことだかわかりませんでした。お店の人(みんな日本語が結構通じる)が勧めてくれた奴を注文しました。多分、普通の大人の人だとちょっと足りないくらいです。これで約2000元。

20060902r0011733
GR Digital

用意されたタレは、レモンベース、ポン酢みたいなもの、わさびと天然塩。一番おいしかったのは、塩でした。おいしかったなぁ。
ちょっと食べすぎで、お腹が苦しいです...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガントチャート

TiddlyWiki使ってみよう、としばらく使ってみましたが、どうも使い道が思いつきません(^^; みんなで何かを共有するにはいいですが、会社では置き場が無くてダメですし、家では共有するものなんてそんなにないし(PC常時ONでかじりついてるわけでもない)... 数人で使うにはいいかもしれません。

で、今度はプロジェクト管理でガントチャートを書く時にはなにかいいのが無いかなーと思って調べて見つけたのが、GanttProjectです。オープンソースなので、あちこちで取り上げられていますね。
タスクと作業時間がわかっていればいつ頃までに出来上がるか、とか、納期が決まっているときにどうやって進めるか、とかを考えるのに使います。普通はExcelでやりますね(普通かな?)。セルを塗りつぶして右にやったり左にやったり。それを専用のソフトでやろう、というものです(MicrosoftのProjectというソフトが有名かな?)。

Ganttproject

さすがに仕事の画面ではないですが、こんな感じに使います。という例。

2,3日使ってみましたが、いくつも不満点があり、果たして今後も使えるかどうかは不明です。ま、今までだってガントチャートなんて即席で人に見せるときくらいしか作ってなかったからなぁ...

ちなみに、気に入らない点は、

  • 休みの日にも動くタスク(工場での流動とか)、動かないタスク(事務作業)の設定ができない

  • マウスのセンターホイールの拡大縮小が、直感と逆(全然慣れない)

  • 日にち表示と週表示のどちらかしかない(両方欲しい)

  • タスクの依存関係の強さをデフォルトで選べるようにして欲しい(Strongばっかりじゃないんだよなぁ)

  • 時々ハングアップする(^^;
といったところでしょうか。英語で要望すれば実現する機能もありますが、そこまで英語に堪能じゃないので... あ、ちなみにソフトは日本語化されているので、簡単に使うことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »