« 携帯電話変更 W53T | トップページ | 娘をお見舞い »

MRTの単程票

20070626r0013911

いまさら台湾ネタですが...(^^;

MRTは普段は悠遊カードを使っていました。プリペイド式のICカードです。
もちろん、プリペイドカードではなく、乗るたびに片道切符を買うこともできます。それが単程票。今まではテレホンカードみたいな磁気カードで、出札口で回収され、再利用されていました(日本の切符のようにゴミにならないので、すばらしいですね)。
これが、先月のいつだったかな、写真のようなICチップになりました。台北のMRTはまだまだこれから路線を拡大する計画があり、あちこちで工事をしています。今のうちにIC化しておけば、自動改札機はICの読み取り機だけで済むようになるので、コストダウンの一環なんでしょうね。
まだ既存の駅では自動改札機の対応が遅れていて、専用の改札機しか使えず、使い始めた週末は駅構内はちょっと混乱してましたが、まあ台湾ではいつものことかも。

うーむ。なつかしい。

|

« 携帯電話変更 W53T | トップページ | 娘をお見舞い »

コメント

こんにちは。トラックバックを打たせていただきました。

自分も先日出向いたときに戸惑ってしまいました>トークン。
ちなみに、日本の紙式きっぷも、別のものに再利用されていた気がします。何だったかは記憶が定かじゃないですが、さすがに使い捨てで燃していたら、批判殺到になりそうです(^^;)。

投稿: ちゃいにーず | 2007.07.30 19:33

ちゃいにーず さん、ども。

台北に住んでいると、チャージできるカード(悠遊カード)を使ったほうが割安なので、トークンは使わずじまいでしたねぇ。
そういえば、紙の切符のリサイクルの話、私も聞いたことがあります。何にしてるんだっけ?

投稿: くらけん | 2007.07.30 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/15568217

この記事へのトラックバック一覧です: MRTの単程票:

« 携帯電話変更 W53T | トップページ | 娘をお見舞い »