« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

哺乳瓶イヤイヤ病2

相変わらず哺乳瓶が嫌いな娘。昼間は母乳+注入なので、哺乳瓶は夜の2回だけかな。お父さんの役割にさせてもらっているので、娘からは完全に嫌われてしまいました。近くに寄ったり、抱っこするだけでも泣き出しちゃいます...
なんとかなだめすかして静かにさせて、ようやくちょっと笑ってくれると、うれしいですねぇ。お母さんが話しかけるとあっという間に機嫌を直すので、ちょっとくやしいです。

ビンからの哺乳は手を変え品を変え、昨日今日は姿勢を変えて飲んでもらうことにチャレンジ中です。哺乳瓶セットは、ピジョンのSで決め打ちで行くことにしました。無理に飲ませようとせず、口に入れてくれるだけも良しとすることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壊れたサドルバッグ

先日壊れてしまったサドルバッグのその後です。

20071126img_1143r

本来の元の姿。この部分が、サドルのレールに取り付けた金具+プラスチックの部品にカチャっとはまります。これが、下の写真のようになってしまいました。

20071126img_1144r

見事に、両方のレール(?)が折れてしまいました。よくもまあ、折れたときにどこかに飛んでいかなぁったなぁというくらい。ちなみに、こんな状態(実際にはサドルの下で、上下ひっくり返った状態ですが)でした。

20071126img_1145r

はまったままの状態。

で、早速、メーカ(アメリカの某有名自転車周辺パーツメーカ)の日本法人に問い合わせをしました。そのメールには無断引用しないでね、と書かれていたので、要旨だけにしますが、

・その会社でのモニターでは5年間破損事故は起きていない
・でも補修部品はあるので、取扱店経由で取り寄せて欲しい
・使い方が悪かったんじゃないか? もう一度確認してね

とまあ、ホントかいな、といった内容の返事が返ってきました。破損しない部品がなんで補修部品として取り扱っているのか、問い合わせのときに使用方法は説明してあるのにそれを再確認しろとか、なんだか突っ込みどころ満載といった回答でした。ぜひ、耐久性の品質保証の基準を知りたい...

幸い、部品は取り寄せることができるそうです。早速、ショップにメールで問い合わせをしておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

哺乳瓶イヤイヤ病

娘は哺乳瓶イヤイヤ病になって10日ほど経ちます。今日は多少くわえてくれたり、5ccほど飲んでくれたりしました。でも、そこまで行くのに30分...
親がいろいろ考えてピジョンにしたり、ヌークにしたり、乳首もいろんな種類を使ったりしちゃうので、娘も落ち着かないのかもしれません。

先ほど、あんまりイヤがるので、「そんなにイヤなら、お父さん飲んじゃうぞ」といって、哺乳瓶をくわえるまねをしたら、娘は対抗して自分の指を今までにない勢いでしゃぶりはじめました。
もうそんなことまでわかるんですね。親が思っているより、いろいろなことを考えていそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1人1日1kg

20071125r0014913

チーム・マイナス6%では、1人1日1kgCO2削減を目指していろいろな活動をしています。で、くらけん自身はこのページで「宣言」をしていませんが、どんなことができるかなぁと前から考えていました。

20071125r0014915

今住んでいるところは、公共の交通機関がほとんどない田舎なので、移動はほとんど車です。そこで、1kgのCO2を出すには、ガソリンがどれくらい必要か調べました。環境省の排出係数一覧表によると、ガソリンのCO2排出係数は2.32。ガソリン1リットルを使うと、CO2は2.32kg出てしまうことになります。
今乗っている車は、燃費が大体14km/リットルくらい。で、家と会社の往復は大体12km。つまり、車で会社に通うと、大体1日2kgのCO2を排出することになります。

20071125r0014921

というわけで、二日に一回、自転車通勤をすると、一日あたり1kgのCO2排出を抑えることができます。ただいま実践中。週に3日くらいは自転車通勤をしていますから、大体目標通りです(もっとも、ウエアとか、いろいろな装備、自転車自体には製造時・購入時にコストも、環境負荷もかかってますけどね)。雨の日、雪の日、強風の日は車で通勤するので、完全に毎日自転車通勤は難しいです。

問題は会社。くらけんの勤めている会社は、チーム・マイナス6%の1人1日1kgCO2削減の活動に協賛しているんですが、このような通勤方法を認めていません。環境のリーディングカンパニーを標榜しているのなら、自転車通勤にも交通手当てを出して、車で来ても自転車で来てもいいようにできないものか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

栄養チューブの入れかえ

今日は土曜日。娘が退院して2週間経ちました。なんとなく、生活のリズムも出てきて、両親、娘ともに慣れてきたなぁ、と感じています。
が、ひとつ慣れないことが。一週間に一度の鼻から胃へのチューブの交換です。チューブを抜くのは、止めているテープをはがしてチューブを引っこ抜くだけなので、僕でもでき、娘もちょっと嫌がりますが、すぐにおとなしくなります。鼻に何もないのがよっぽどラクなのか、ずっとニコニコです。
でも、1時間くらいでチューブ挿入。まだミルクを全量口から飲めないので、チューブを入れなければなりません。やり方は妻が習ってきたので、妻の役目なんですが、二人がかり娘を抑えつけて、なんとかかんとか入れます。娘はぎゃんぎゃん泣いて、チアノーゼがあるので、顔は真っ黒、唇はものすごい紫色になっちゃいます。ゴメン、娘よ。
チューブはこの一週間とは逆側の鼻の穴にいれます。そのため、違和感があるのか、ずっと咳をしたり、ちょっとしたことで泣き出したりして、とってもかわいそう...

哺乳瓶イヤイヤ症候群はまったく改善の傾向なし。気長にやります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三連休二日目

20071124r0014907

今日もいい天気でした(写真は昨日の)。
今日も午後、ちょっと自転車に乗ってきました。今日は一気に山麓線まで上って、アートヒルズのほうを回って帰ってきました。その途中、スピードに乗っているときに段差があって、なんとか荷重を抜いて衝撃を和らげたと思ったんですが、サドルバッグのアタッチメントがレール部分で折れちゃいました。何でこんなところが...

20071124r0014910

妻には、よく壊すねぇ、と言われてしまいました。そんなでもないと思うのですが...

今日は昨日より暖かくて、指が出ているタイプのグローブでも良かった。汗かいちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あずみ野やまびこ自転車道をサイクリング

今日はとっても天気が良かったので、午後、久しぶりに自転車に乗ってきました。今週は自転車通勤がゼロだったので、一週間ぶり。あと、通勤6kmより長い距離を走ったのも久しぶりでした。
娘のミルクとミルクの間に、ささっと。休みの日の昼間はできる限り僕が担当したいので。

20071123r0014899

家の近所。GR Digitalだと広角なのでよくわかりませんが、日本アルプスの北のほうがとてもきれいに見えます(写真をクリックすると、歩道橋のあたりが拡大されます)。

20071123r0014906

ウチから、R147を北に5分も走らないうちに、あずみ野やまびこ自転車道の起点です。今日はここから松本方面に向かって、平瀬橋からR19→光橋と走ってきました。とっても気持ちよかったです。約1時間半で30km。のんびり走ったわけではないんですが、R19に入ったあたりから疲れちゃって、ペースが落ちました。

そういえば、R19を走っていたら、本格的に走りこんでいる様子のロードレーサーとすれ違いました。やぁ、と手を挙げて挨拶してくれました。見ず知らずの人に挨拶してもらえるって、なんだかうれしいですねぇ。

20071123r0014919

自転車道の平瀬橋付近。この自転車道って、県道で、穂高松本塩尻自転車道線なんて名前が付いているんですね。せっかくなので、ちゃんと松本-塩尻も整備して欲しいです。
天気がとてもよくて、気温も7度くらいとちょっと寒いくらいで気持ちが良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり雪でした

20071123img_1112

昨日の朝、起きたらやっぱり雪でした。でも、道路に積もるほどではなく、ウチから会社に行く間に雪はどこかに行ってしまいました。やっぱり6kmしか離れてないけど、ウチと会社は気候が違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ雪かな?

北信は今夜は雪かもしれないですね。くらけんの住んでいる安曇野は中信なんですが、北の穂高と南の豊科では結構天候が違います。豊科で晴れていても、穂高に来ると曇っていたり、パラパラと雨が降っていたりすることもあります(大体、ソニーEMCSあたりで変わる気がする)。ウチの周りは明日起きたらうっすらと雪化粧かもしれません。

今日は娘の初めての予約外来の日。初回は僕も付いていこう、と、会社を休みました。朝イチからの診察だったので、午前半休でも大丈夫かな?と思っていたんですが、終わってみてびっくり。なんだかんだで家に帰ってきたのは14時くらいで、その後もどたばたして結局一日仕事になってしまいました。
夕方から会社に行こうかな?と思っていましたが...もうぐったり。

次回からお母さんひとりで大丈夫かしら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

娘と二人で留守番

先週金曜日は、地元の総合病院に顔見せのため通院(といっても、手術をしてもらったりしているこども病院も十分地元)。その病院のあとと、昨日、妻は買い物や美容院に行くとのことで、しばらく留守番をしました。
娘のオムツ交換や、泣いたときのあやし方なんかは、病院でもやってたのでわりとなんともなかったですが、四六時中だと大変だろうなぁ。お母さんはえらい。

ただ、金曜日くらいからかな? やたらと泣きます。今までにないような泣き方。立って縦抱っこをしないと泣き止みません。この泣き方をされちゃうと、困ってしまいます。
何か苦しいんでしょうか。オムツの種類を変えていたんですが、いったん元に戻してみました。だいぶ肌触りが違うんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

そろそろ年賀状の季節

このブログへの検索ワードに「カラリオ年賀」というのが増えてきました。この記事、参考になるのかなぁ。
なんにしろ、皆さん、そろそろ年賀状が気になりだしてるんですね。我が家も用意しないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胃へのチューブの交換

今日は娘にとっていろいろありました。

まず、お昼におばあちゃん、ひいおばあちゃんが遊びに来てくれました。はるばる岐阜県から電車に乗って。90過ぎてるひいおばあちゃんにはしんどかったんじゃないかな。でも、ありがたいです。おかげで、僕も妻も朝からそわそわしているのが伝わったのか、娘は全然寝ませんでした。そのせいで、おばあちゃん、ひいおばあちゃんが来る頃にはウトウト...
夕食の前には、鼻から胃に入れているチューブの交換。左の鼻の穴に入れてたチューブを抜き、新しいチューブを右の鼻の穴から入れました。抜くときも違和感があるのか大騒ぎしましたが、入れるときはそれ以上の大騒ぎ。ぎゃんぎゃん泣いて30分はまったく落ち着いてくれませんでした。今もまだ、鼻に違和感があるのかバタバタしています。
せっかくチューブを取ったので、チューブがなくなってすっきりしていた30分の間に、3人で写真を撮りました。これは僕が大騒ぎ。三脚を持ってきたり、ストロボを用意したりして、いざ撮影!って時には娘がなかなかカメラを見てくれなかったり(当然だよね...)。
あとは、今週水曜日にもらってきた整腸剤が効いてきたのか、ウンチしっぱなし。新生児並みの5回のウンチを記録しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

なかなかうまく飲めないねぇ

娘はなかなかうまくミルクを飲めません。
いったんリセットです。2ccからスタート。

今日は天気予報がそんなに悪くなかったので自転車で出勤。が、残業して会社を出るころには、会社周辺には霧雨が。
路面がまだ乾いていたので何とかなるかと思ったんですが、会社を出て100mも行かないうちに本格的に降り出してしまいました。おかげですぶ濡れ。これからは夜まで天気予報をしっかりチェックしよう...

| | コメント (0) | トラックバック (1)

午後8時半の失敗

昨日から様子がちょっとおかしかった娘。今日の午後、どうやってもミルクを一口も飲まなくなってしまったので、病院に行くことにしました。僕は会社を午後お休みにしてあわてて帰宅。
ミルクは一度飲めなかった分は無理に飲ませなくて良い、と言われたそうで、空腹のまま、病院にいきました。退院後、初めての外出です。

レントゲンを撮ってもらって、循環器科の先生にエコーなどの診察してもらったところ、手術をしたあたりは問題なさそうで、おなかが張ってるのでウンチが十分出てないんじゃないか、とのことでした。昨日浣腸してたくさん出たのに...
その場で浣腸してもらったら、結構たくさん出ました。ときどきおなかをマッサージしてあげてね、と言われて整腸剤を出してもらって帰ってきました。

その後のミルクは50ccでしたが、全部自分で飲むことができました。すごい。
次の19時は80cc。ところが完全に眠ってしまい、一口も飲みません。さすがに飲ませないのは水分量が減ってしまって困るので、注入にしました。念のため、とってもゆっくり。40分くらいかけたかな。

で、そのあと、つめを切ったりしていたら、どうもオシッコをしたみたい。オムツを変えながら、今日、先生からおなかのマッサージをしてね、といわれたのを思い出し、おなかをマッサージしました。

その10分後。ストーブの灯油を入れていたら妻の「吐いた!」の声が。びっくりして飛んでったらさっき注入した分の半分くらいを戻してしまっていました。あわてて着替えをさせながら妻が病院に電話。19時のミルクの時には薬を飲んでいるので、それが出てしまっては大変です(6時間ごとに飲んで、心臓をちゃんと動かす薬を飲んでるので...)。幸い、薬を飲んで1時間くらい経っていればOKとのことだったので、薬については安心しました。でも体調が不安...
と思っていたら、マッサージのことを思い出しました。お腹がまだいっぱいのうちにマッサージしちゃったみたいです。お父さん大失敗...もう反省しきりです。

ごめんね。娘。

昨日から調子が悪そうなのがお腹のせいだったかは、明日くらいにはわかるかな。次のミルクのときにはちゃんとおきて口から飲めますように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

動くおもちゃ

20071112img_0798

事前準備する時間がほとんどないまま退院を迎えた娘。チャイルドシートやベビーカーは間に合いましたが、おもちゃ類はぜんぜんありません。持っているおもちゃは、入院中にベッドの上におけるような人形が中心です。
病院では、病棟ごとにいろいろなおもちゃが貸してもらえました。動くもの、音が出るもの、触って動かすようなもの。そんなものがほしいなぁと思っていたところ、実家からおもちゃが送られてきました。ありがとう!なかなか高価なものだったんじゃないでしょうか。

娘は大興奮状態になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子3人の週末

昨日の午前中に、約5ヶ月お世話になった(妻の入院から含めたら5ヶ月以上お世話になった)病院から娘が退院して、初めて3人での生活が始まりました。早速いろいろありました(一番はなんといってもこれ)が、なんとかかんとかスタートです。退院の日はある程度選ばせてもらえましたが、日曜日にしていたら大変だったと思います。
ちょっと娘のウンチがゆるいのが気になりますが、環境が変わったことが原因かな? あとは、空調管理されていた病院から、寒い家に来たので、どれくらい温めてあげたらいいのかも気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘 明日退院!

いよいよ、明日、娘の退院です。6/12に生まれてほとんど5ヶ月ですが、初めて病院の建物から出ます。妻は今日はいろいろ準備したり、説明を聞いたりして大変そうでした。

そんな状況なのに、今朝、ガムを噛んでたら、歯に被せてあった金属がぽろっと取れてしまいました...歯科医院に予約を入れ、夕方見てもらいました。何年も外れずに付いていたし、中が虫歯になっているというわけでもないので、またそのまま接着剤で付けてもらいました。何度か通院が必要になったらどうしようと思ってましたが、良かったです。
ついでに虫歯チェックもしてもらいましたが、先生から「歯磨きしっかりできてますねー」とホメられ、特に問題はないようでした。

思ったより早く歯科医院を出ることができたので、娘にも面会することができました。最近は、自分の手をじっと見つめたり、ベロベロなめまわしたりしていますので、見ていて飽きないですね。寝てても見飽きないけど。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

今後の説明

20071108img_0704

今日は循環器の先生から、娘の今後の治療方針について説明がありました。病院の中でもかなり重鎮の二人の先生に1時間近く時間を頂いてしまいました。ありがたいことです。

今週末、娘はいったん退院します。今は肺動脈がまだまだ未成熟なので、ここを成熟させることがポイントになるようです。体が大きくなっていくと肺への血流が十分ではなくなるので、あまり間をおかずに次の手術を行います。今度の手術はBTシャント。1ヶ月か2ヶ月後と言われました。娘のことなので、早めになるでしょう。
その後、1歳くらいをめどにグレン手術をします。ただし半奇静脈接続とか、左上大静脈遺残といった血管の繋がり方が普通の人とは違うところがあるため、グレンといっても大半の静脈血は肺動脈に行くことになりそうです。
この手術に進むにも、肺動脈がしっかりしていなければならず、また、肺静脈圧というものも重要になってくるそうです。なんとかここまで進めるといいのですが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとりの夜

20071107img_0639
舞茸のてんぷらと角煮

今日は妻が病院に初の付き添いです。というわけで、ひとり。
僕は出張で家を開けることが結構あったので、そんなときは妻は独りになりますが、その逆で僕が留守番をすることってあまりない(初めてかな?)です。

そういえば、娘はいままでずっとひとりで夜を過ごしてきたんだなぁ。

今日、当直の先生と話をしたところ、退院の日程はこちらの希望にできる限り合わせてくれるとのこと。週末にできるように希望を出しておきました。それまでにいろいろ練習しておかなければいけないことがありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遺伝科受診

20071106img_0750
EOS 20D EF28mm/F2.8 ISO800 1/10sec

さすがに手持ちではぶれちゃいます...

今日、午前中に妻から電話があり、遺伝科の先生に娘を見てもらうとのこと。今回もまた急です。
あわてて職場の人に断って、午後病院に出かけてきました。いつもすみません。

受診のきっかけは、いつも見てくれている循環器内科の先生たちが、翼状頸があるので、ひょっとしたら遺伝関係の病気を持っているかも、ヌーナン症候群かも、と感じていたことです。娘がそろそろ退院できるかな、という状態になったので、病院にいるうちに受診してもらえるように紹介状を書いてくれました(病院内でもほかの診療科に診てもらうには紹介状がいるんですね)。
家族の様子や、胎児だったころの超音波検査の話などをして、いよいよ娘の様子を見てもらいました。娘は一月くらい早めに生まれてしまったし、ICUで2ヶ月近く寝たきりだったので、発達はかなり遅れていると思いましたが、先生が見る限りは、まあまあな感じのようです。幸い、ヌーナン症候群をはじめとする遺伝子の関係の病気の可能性は低いとのこと。大体、娘は多脾症候群で心臓の形成がうまくいかなかったので、それと遺伝子の病気が重なることはない、と言われました(どちらも数千~数万分の1の確率なので、両方起こる確率はゼロとみなしてもいいんでしょうね)。多脾症候群自体、遺伝が原因になることがある、と聞いたことがあったのですが、そのようなことはごくまれで、羊水検査の結果を見る限り、それもないとのこと。

ひとまず、ちょっとだけ安心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退院に向けての(両親の)訓練

20071104img_0779

娘の退院が見えてきた(10日前には考え付きもしなかったこと!!)ことを受けて、だんだん自宅に帰る準備を始めました。
そんな準備の中に、病気のある娘ならではのものもあります。看護師さんに「驚くべき吸綴力ですね」なんて言われていい気になってますが、うまく疲れずに全量飲めるとは限らないので、鼻から胃へのチューブを残すかもしれません。そのときの注意事項とかメンテナンスの仕方とか。あとは、心臓手術をした子への注意事項など、勉強も始まりました。今までは24時間モニターで監視されていたので、酸素飽和度が下がってもすぐにわかりましたが、これからは表情、機嫌など、総合的に見て判断しなければいけません。ちょっと不安...

今日、ついにベビーカーとチャイルドシートを購入しました。西松屋。今までも、ときどき見学はしてましたが、いつになったら退院できるのか、どれくらいの大きさに成長したときに退院になるのか、まったく見通しが立たなかったので、娘を受け入れる準備はぜんぜんしていませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

静かな病棟

一般病棟に移って二日目。昨日は残業で22時過ぎにしか面会にいけなかったけど、今日は18時半ころからしっかり面会することができました。
ミルクの時間は19時です。たいてい、僕もおなかがすいているので、19時のミルクが終わって娘が落ち着いたら帰ります。今日のミルクのときに、看護師さんから、「はい、お願いします」と哺乳瓶を渡されました。昨日まで2ccずつ嚥下の練習をしていたと聞いていたので、びっくりです。なんと昼間は直母したとのこと!
でも、あまりに久しぶりだったので、抱っこもぎこちないし、哺乳もなかなか上手にできませんでした。10ccほど飲んで、後は注入にしてもらいました。

一般病棟は、静かです。周りにほかの子がいても、動いている装置がほとんどないし、アラームもあまり鳴らないし。
夜は暗くしてもらって生活のリズムを刻めるようにしてもらって、やはりICUは特別だったなぁ、と感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »