« 静かな病棟 | トップページ | 遺伝科受診 »

退院に向けての(両親の)訓練

20071104img_0779

娘の退院が見えてきた(10日前には考え付きもしなかったこと!!)ことを受けて、だんだん自宅に帰る準備を始めました。
そんな準備の中に、病気のある娘ならではのものもあります。看護師さんに「驚くべき吸綴力ですね」なんて言われていい気になってますが、うまく疲れずに全量飲めるとは限らないので、鼻から胃へのチューブを残すかもしれません。そのときの注意事項とかメンテナンスの仕方とか。あとは、心臓手術をした子への注意事項など、勉強も始まりました。今までは24時間モニターで監視されていたので、酸素飽和度が下がってもすぐにわかりましたが、これからは表情、機嫌など、総合的に見て判断しなければいけません。ちょっと不安...

今日、ついにベビーカーとチャイルドシートを購入しました。西松屋。今までも、ときどき見学はしてましたが、いつになったら退院できるのか、どれくらいの大きさに成長したときに退院になるのか、まったく見通しが立たなかったので、娘を受け入れる準備はぜんぜんしていませんでした。

|

« 静かな病棟 | トップページ | 遺伝科受診 »

コメント

もうすぐ退院なんだね。おめでとう!!
ここまで3人ともよく頑張ったね。
家では病院とは違った苦労があると思うけど、
これまで数々の困難を乗り越えた3人なら大丈夫だね。
お見舞いに行くのはちょっと難しいけど、いつもここを拝見し、応援しています。
頑張ってください。

投稿: おむ | 2007.11.05 22:09

おむさん(^^;、ども。

そうそう。ついに家にやってくるのはとてもうれしいけど、今度は24時間付きっ切りで面倒見るんだよね...世の中のお父さんお母さんにとっては当たり前(普通は生後5日くらいで退院かな?)なんだけど、不安だなぁ。

投稿: くらけん | 2007.11.05 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/16975854

この記事へのトラックバック一覧です: 退院に向けての(両親の)訓練:

« 静かな病棟 | トップページ | 遺伝科受診 »