« 哺乳瓶イヤイヤ病 | トップページ | 哺乳瓶イヤイヤ病2 »

壊れたサドルバッグ

先日壊れてしまったサドルバッグのその後です。

20071126img_1143r

本来の元の姿。この部分が、サドルのレールに取り付けた金具+プラスチックの部品にカチャっとはまります。これが、下の写真のようになってしまいました。

20071126img_1144r

見事に、両方のレール(?)が折れてしまいました。よくもまあ、折れたときにどこかに飛んでいかなぁったなぁというくらい。ちなみに、こんな状態(実際にはサドルの下で、上下ひっくり返った状態ですが)でした。

20071126img_1145r

はまったままの状態。

で、早速、メーカ(アメリカの某有名自転車周辺パーツメーカ)の日本法人に問い合わせをしました。そのメールには無断引用しないでね、と書かれていたので、要旨だけにしますが、

・その会社でのモニターでは5年間破損事故は起きていない
・でも補修部品はあるので、取扱店経由で取り寄せて欲しい
・使い方が悪かったんじゃないか? もう一度確認してね

とまあ、ホントかいな、といった内容の返事が返ってきました。破損しない部品がなんで補修部品として取り扱っているのか、問い合わせのときに使用方法は説明してあるのにそれを再確認しろとか、なんだか突っ込みどころ満載といった回答でした。ぜひ、耐久性の品質保証の基準を知りたい...

幸い、部品は取り寄せることができるそうです。早速、ショップにメールで問い合わせをしておきました。

|

« 哺乳瓶イヤイヤ病 | トップページ | 哺乳瓶イヤイヤ病2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/17199692

この記事へのトラックバック一覧です: 壊れたサドルバッグ:

» トランジット7にサドルバッグ追加 [上海自転車生活]
本格的に自転車に目覚めた初めの頃は、「サドルバッグみたいな小さいバッグって実用性がほとんどないんじゃないだろうか?」と思っておりました。単なる飾りみたいなもんではないかと。 ただ、自分でとことん走ってみてわかるわけですけど、やはりフロントバッグはハンドルに取り付けますから、その分ハンドルが重くなって操作感が悪くなってしまいます。サドルの後ろだったら、別にそれで操作感が重くなるようなことはないですから、やはりサドルバッグというのは理に適ったものなのだなぁ・・・と後になって気づきました。 ... [続きを読む]

受信: 2007.12.06 11:02

« 哺乳瓶イヤイヤ病 | トップページ | 哺乳瓶イヤイヤ病2 »