« mylo2予約しました | トップページ | 見切りをつける2 »

見切りをつけること

20080226r0015074

モノを作る会社にいると、数百万円とか数千万円の在庫の処理をどうしよう、なんて場面に出くわしたりします。そんなとき、なんとか使ってしまおうとするか、さっさと見切りをつけて廃棄してしまうか。

ケースバイケースでどちらがより会社にとってお得かは違いますが、「見切りをつける」という判断をできるリーダーってあまりいないんでしょうね。
1000万円の不活性在庫を一掃するために、800万円のコストがかかるなら、200万円は救える(800万の損で済む)のですが、その800万円分の人件費、開発費を別のことに振り向けたらもっとお得かもしれないのに。(まあ、あとは外部支払いしか対応費用に入れない(人件費無視)なんてこともあるのもどうかと思う)

|

« mylo2予約しました | トップページ | 見切りをつける2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/40282794

この記事へのトラックバック一覧です: 見切りをつけること:

« mylo2予約しました | トップページ | 見切りをつける2 »