« 朝の車から | トップページ | 近所にスーパー開店 »

mylo2 キーボードほか

mylo COM-2のキーボード

mylo COM-2 (以下mylo2)のキーボードです。本体を両手に持って親指で押すと、思いのほか入力はラクチンです。Numキーを押してからキーを押すと数字が、Symキーを押してからキーを押すと記号が出ます。これが慣れるまでは大変ですが、キーの数が少ないのでしょうがないですね。
入力切替は「あ/A」キーという専用のキーがあって、簡単にひらがな・英数を切り替えることができます。
今気が付いたんですが、写真の左下に、再生巻き戻しなどのメディア再生専用キーがありました。これは使ったことがないです...まだまだ知らない機能がいっぱいありそう。

20080317r0015171

タッチパネルは液晶画面以外にも、画面左右までタッチエリアが広がっています。この画面左右のボタンが使いやすい。左側は「Option」「DISP」「BACK」、右側は「INFO」「mylo」「HOME」と並んでいます。いろいろなアプリケーションでこのキーが使えて、まあまあ操作感が統一されています。
オレンジ色のスイッチは、4方向&押し込みのボタン。これでメニューをたどることもできます(たいてい画面を直接タップしちゃうけど)。

mylo2のクレードル

mylo2の純正別売クレードル(充電台)です。充電以外の機能はないですが、セットしたときの一体感は格好いいので、ぜひ一緒に買うのがいいでしょう。USBくらいは常に繋がっていて、PCとつないでおけば常に充電モードになっていてもいいのに、と思いますが、ACアダプタ経由の充電の機能しかありません。

20080317r0015172

ところで気に入らない点をひとつ。色数が6万5千色しかありません(各色6bit)。RGBがそれぞれ64階調表示になっていて、グラデーションがきれいじゃないんです。下の写真もそう。純正の画面なのに、グラデーションが段々畑...
当然、写真を転送しても、きれいにグラデーションしている写真ほど、汚く見えてしまいます。これではせっかくのWVGA液晶が泣いてしまいます。ぜひフルカラー(各色8bit)にして欲しかった。

ま、おそらく、CPUの処理性能や、メモリ容量に制約があってこんな仕様になったんでしょう。Webブラウザのレンダリングやスクロールは快適には程遠い動作ですし、いくつかのアプリを使うとすぐにメモリ不足になってしまいますから。
Intelが最近発表したAtomプロセッサを使って、今年の後半にはたくさんMID(Moble Internet Device)が出てくるでしょう。そうなれば安くなったDRAMをたくさん積んだ、値段もそこそこお手ごろなオモチャが手に入るようになるかもしれません。それはそれで楽しみです。それまでmylo2で遊んで待つことにしましょう。
希望は5~7inch XGA+くらいのiPod touchみたいなデバイス。Bluetooth内蔵で、必要ならマウスやキーボードは藍牙(確か中国語でBluetoothってこう書くんだよね)経由で。そうするとmylo2と同じくらいの4万円弱ってのはできないかな。

20080317r0015175


|

« 朝の車から | トップページ | 近所にスーパー開店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/40539502

この記事へのトラックバック一覧です: mylo2 キーボードほか:

« 朝の車から | トップページ | 近所にスーパー開店 »