« 酸素発生装置 | トップページ | キャンドルナイト »

交通安全講話で感じたこと

今日、会社に警察署の人が来て、「交通安全講話」というものをしてくださいました。毎年、年に二回来てもらっていて、従業員は一回は聞きましょう、というものです。

その中の話で、今年6月の道路交通法改正の話が出ました。後部座席シートベルトやもみじマーク、ちょうちょマークのことと一緒に、自転車についての紹介もありました。
その話だけを聞いてまとめると、『「自転車通行可」の歩道は今までも自転車が通ってよかったけど、それ以外の歩道でも、車道が危ないと思ったら、歩道を走ってもいいことになったよ。子供やお年寄りは、歩道を走ってもよくなったよ。あとは、ヘルメットをできるだけかぶってね。』といった内容で、安曇野警察署はあまりに一方的に自転車を歩道に押しやろうとしているなぁと感じました。


「自転車の安全利用のための通行方法等について
」(概要)を読んでみればわかるのですが、単に自転車は歩道を走ればいい、というものではない。
自転車はあくまでも車両。自転車に乗る人は、車道を走る一員としてちゃんと車道の左側を走るとか、交通ルールを守る、また、車に乗る人は、自転車は車両なんだから一緒に道路を共有し、お互いに気をつけて走る、といった指導をして欲しかったです。
道路交通法の改正も、ただ自転車を歩道に追いやるのではなく、根底にはこの流れがあるはず。

|

« 酸素発生装置 | トップページ | キャンドルナイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/41583146

この記事へのトラックバック一覧です: 交通安全講話で感じたこと:

« 酸素発生装置 | トップページ | キャンドルナイト »