« 長峰山からの眺め | トップページ | 髄膜炎疑い »

娘 緊急入院

今日、外来で心臓周りは心配ないね、と言われてきた娘ですが、夜になって発熱のため再度病院へ。SpO2が低く、心配なので入院、ということになりました。

今晩は残業もなく、早めに帰宅しました。そこで離乳食のバナナを少し。初めてのバナナです。
そのあと、30分くらい経った20時ころでしょうか、眠いようなので寝かしつけようとしたんですが、どうも手足が震えているみたい。眠いときのぐずり方とも違うような声をあげはじめました。抱っこしてみたんですが小刻みな震えはときどき続き、そのうち末梢が閉まってきたせいか手足がとても冷たくなってきました。手足を握って暖めてあげていたらちょっとウトウト寝たみたい。
20時半、今度は手足が暖かいかな、と思っていたら顔が熱くなってきました。これはくらけん自身は気がつかず、妻が気がつきました。ちょっと熱を測ってみたらなんと39.4度!これはびっくりということで病院に電話をしてすぐ連れて行くことに。
21時、病院に着いて診察してもらいました。熱が高く、また、酸素飽和度(SpO2)が泣くと50くらいになってしまうことから、入院することになりました。採血、検尿をしたので、細菌性のものであれば何か結果が出るかも、とのことです。念のため心臓エコーを行うことになり、トリクロを飲んで眠ったところ(0時過ぎ)でくらけんは帰宅してきました。

最初はバナナは体を冷やす食べ物だから寒くなったのかな? バナナのカリウムで何かなってるのかな? と思ったのですが、どうなんでしょうね。何しろ人生初バナナですから。でも、急激な発熱はバナナとは関係ないような感じですし...ちょっと心配です。

|

« 長峰山からの眺め | トップページ | 髄膜炎疑い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/41410399

この記事へのトラックバック一覧です: 娘 緊急入院:

« 長峰山からの眺め | トップページ | 髄膜炎疑い »