« 娘のリハビリ付き添い | トップページ | さんざんな帰省 »

硫酸アトロピン点眼

娘は今年に入って斜視が目立つようになりました。原因は不明。何度か行った手術で眠らされている時間が長く、目の運動がよくできなかったせいでしょうか? 左の目がかなり内側に寄ってしまっています。が、常時そうなっている訳ではなく、両目等しくちょっと内向きかな、というときもあります。

それで、眼下で調べてもらうため、今日から受診日まで4日間、目薬をします。硫酸アトロピンという薬で、「硫アト」と略されることもあるみたいです。どこかで見たことがある気がしますが、おそらく、手術のあと、ICUでの点滴で入っていたんでしょう。注射で入れるとお腹の動きを抑える効果があるようです。
点眼の場合は、神経の働きを鈍くして、瞳孔などの調節機能を弱めるみたいですね。結構な劇薬みたいです。
今朝から点眼をしましたが、くらけんの実家でドタバタしたせいで体が弱っているところに、初めての点眼で、いくらかは眼を通してお腹の中に入ってしまったのでしょうか。点眼後は今日一日吐きっぱなし。実家から慌てて安曇野に戻り、病院に駆け込む騒ぎとなってしまいました。原因は目薬のせいではないようですが、くらけんは目薬を疑っています。

|

« 娘のリハビリ付き添い | トップページ | さんざんな帰省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/44897702

この記事へのトラックバック一覧です: 硫酸アトロピン点眼:

« 娘のリハビリ付き添い | トップページ | さんざんな帰省 »