« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

つめたい まくら

さっき娘が寝る前に「つめたい まくら」と、アイスノンを要求しました。形容詞+名詞、しかもほとんど間を空けずに。

「かあちゃん も ねんね」ほど複雑ではありませんが、びっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドキン

ヒマだったので、こんなものを作ってみました。

なんだか、Flickr経由だと、ウチのMacではカクカクしますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝相

IMG_5372

ここまで面白くはないですが、ヘンな格好して寝ますねぇ。
すぐ横には冷たくて気持ちいいマクラがあるのに。

昨日の今日なので、昼寝は長目です。午前中は寝なかったけど、午後は3時間くらい寝てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏バテ?

IMG_5370

昨日は元気に児童館で遊んだりした娘ですが、一昨日からちょっと腹具合はよくありませんでした。

今日、くらけんの友人宅に寄ってから、妻の実家に遊びに行きました。朝起きたときからちょっと元気がなくて機嫌もナナメ。でも、車に乗るかと聞けば喜んで「ぶんぶん、ぶんぶん(車のこと)」と言っていたので、出かけたのですが...
やはり機嫌はなおらず、妻の実家ではお腹が痛くなって泣いているか、ウトウト寝ているかでした。昼過ぎに予定より早く帰宅。その直後に今日何度目かのウンチをして、それからは気分は良くなったみたいです。

今回も、「出かけない」という選択肢もあったのに選べなかったのはダメでしたねぇ。反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が物顔

IMG_5365

ついに今週は一日も乗ってやれなかった自転車。
カエルが主人面して座ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCから発煙

今日は出張で新宿へ。

打ち合わせの最中に、隣に座っていた会社の人のPCから、白い煙が!慌ててACアダプタを抜きましたが、何やら基板が焼けるような、コンデンサがはじけたときのような匂いが...
原因ははっきりしませんが、どうも、プロジェクタの排気口のすぐ近くにPCを置いていて、液晶のバックライトが暖まりすぎたのが原因ではないか、と言ってました(その人は昔、その辺を専門にやってたらしい)。液晶のバックライトに使われるCCFLは温度が上がると電流を食うようになり、ちょうどバッテリーも充電していたので、電源回路に負荷がかかりすぎたのではないか、とのこと。

プロジェクタの排気って相当熱いですから、気をつけないといけないですねぇ。

かわいそうなのは、HDDを取り外してほかのPCに繋いでも読めないようなレベルの暗号化がされていること。くらけんのPCもそうですが、会社のノートPCには、情報漏洩防止の関係で、相当厳重なセキュリティがかかっています。データは救えるのだろうか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カエル

R0016818

アパートの周りは田んぼが多いです。そのせいで、この季節、家から一歩外に出ると、カエルだらけです。
特に、今日のように雨上がりで急激に晴れて路面が乾いたりすると、小さなカエルは乾いたアスファルトに張り付いちゃうのか、熱くなったアスファルトでやられちゃうのか、やたらとお亡くなりになっています。そこに車が通ったり、人が歩いたりするので、あちこちにカエルせんべいが...小さいので、そのまま乾燥してミイラになっているのも結構いますね。
娘の散歩に外に出ると、娘の両手を持って後ろから一緒に歩くので、よく地面には目が行きます。アパートの周りもですが、田んぼの真ん中の道路だと、本当に数歩ごとにカエルを踏まないように気をつけないといけないくらい。
田んぼという大量発生できる場所があるかと思うと、乾いた路面という生きていけない環境もあって、どちらも人間が用意してしまっているんですが、カエルには災難ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

興味津々

R0016984

いろいろ触って遊んでます。
サブモニタの照明スイッチを押したり、シャッター半押ししてレンズがジーコジーコ動くのを見たり。

レンズキャップが取れるようになったら遊ばせられないですね。コンパクトデジカメは、レンズシャッターをグリグリやってレンズを触ろうとするので、既に勝手に触らせることはできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強風!

R0016977

今朝はすごい風でした!自転車で会社に向かってしまい、大変な目にあいました。くらけんのアパートから会社はほぼ南。風はおもいっきり真南から吹いてきました。
天気予報をしっかり見ていれば、梅雨前線がすぐ北にあるから、南風なのはわかったのに...おかげで、いつもは14分前後かかる会社までが、今日は21分。1.5倍かかりました。
写真は通勤途中で撮ったものです。強風の雲の感じしません?

帰りは風はいくらか弱まったものの、まだ南風。今度は追い風です。周りに何もない田んぼの真ん中の道路では、32km/hくらいで走っているとちょうど無風になりました。風速約9m/秒で、なかなかの強風ですね。追い風は追い風で、体の熱が逃げないので、暑くて困るんですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臓器移植法

R0016961

臓器移植法案、参議院を通過しました。
娘は移植が必要な心臓病じゃないですが(今はもう移植できない循環になってしまっているでしょうね)、病院には移植が必要で、米国に渡った子もいました。彼は春には無事移植手術をして、今は向こうで体を慣らしているみたいです。
そんな子たちが少しでも日本で移植手術が受けられるようになる、大きな一歩ですね。

脳死判定や提供の意思など、いろいろ難しい問題もあるでしょうが、すこしずつでも移植医療が進んでほしいです。

R0016968

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5Lのメロン

義弟が妻の実家にメロンを送ってくれました。おすそわけで我が家にも一個。

IMG_5263

立派なメロンで、サイズは5Lだそうです。
娘の頭と同じくらい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残業

ふだんあまり残業せず、せいぜい19時くらいには会社を出てしまいます。今日はちょっとやることがあって、19時は過ぎるかな?と思っていたら、気がついたら22時直前。
たまの残業は疲れますね。帰ってからも頭は動いているからなかなか眠くならないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じぶんでぇ

魔の二歳児って奴でしょうか。娘は何をやるにしても、誰かにやってもらうのは気に入らないみたいです。(特にお父さん?)

メガネをかけさせようとすると「じぶんでぇ」とメガネを奪って自分でかけようとします。当然、うまくいきませんし、メガネを使って遊び始めてしまいます。
「とったってぇ〜(手伝って)」と言いますが、一緒にやろうと手を出すとはねのけられちゃうし...
いろいろ自分でやりたがりますが、特にこのメガネをかけるのがダメですねぇ。一生懸命気をそらせて、なんとかかんとかかけて、その後もしばらくメガネに意識がいかないようにしないとすぐに自分で外そうとしちゃいます。

まあ、賢くなってきている、ってことでしょうね。
できたらオムツのときだけは静かにされるがままになって欲しいですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散髪

R0016772

散髪に行ってきました。

4300円のちゃんとした(?)散髪屋。近所の1700円の所にしばらく通っていましたが、だんだん仕上がり具合が怪しくなってきたので、以前に行っていたところに戻りました。
妻曰く、髪が伸びてきたときの見苦しさがない、とのこと。
シャンプー、マッサージ、顔剃りが気持ちいいし、時間配分もゆっくりやってくれるので、高いお金を払って行く価値はありますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退院

R0016846

娘は今日退院することができました。予定通りの最短日程での入院でした。
だいたい延長になることが多かった娘ですが、大きくなって(といってもサイズは相変わらず小さいですけど)、基礎となる体力がついてきたんですかね。

R0016874

昨日全身麻酔をかけて心臓カテーテルをやったのに、昼には家に戻って、夜にはハイハイしたり、固い煎餅食べながら機嫌良く何かおしゃべりしてるなんて、すごいね。
病院では面白いことが何もなかったみたいで、いろんな看護師さんが「久しぶりだねぇ」なんて顔を見に来てくれたりしても、娘はずっと不機嫌だったのですが、家に戻ってきた今はとてもリラックスしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カテの結果

カテーテルから戻ってきたらすぐに先生から説明がありました。

1.肺動脈の圧力は10〜12mmHgで、フォンタンをやるには問題のないレベル。ただし、左右をつなぐ肺動脈が細く(特に右側が細い)、ここはなんとかしなければいけないだろう。左右の肺動脈の圧力の差は1〜2mmHg。
なんとかする方法は、肺動脈形成術(フォンタンのときに一緒に行う。細い肺動脈を切り開いて、人工血管を切り開いたものと縫い合わせる)か、フォンタン後にカテーテル手術でステントを使って広げる。娘の場合は、肝静脈はほぼ体の真ん中にあり、肺動脈の左右どちらに人工血管を繋ぐかはCTを使ってもう少し考えたいとのことで、肺動脈をなんとかするのも、その結果次第。

2.房室弁(僧帽弁)のモレがある。
グレンの時に一緒に絞った所だが、そのちょっと先の部分でモレている。程度は中〜軽程度だが、なんとかする必要があるだろう。さらに弁を閉鎖して、少し血液が流れるくらいにする(ゼロにすると血栓ができるため)のがいいかも。つまり、右心室の力だけで血液を送り出すことになるが、娘の場合は右心室の方がしっかりしていて、大丈夫だろう。
どうするか外科の先生とも相談して決める。

3.SpO2が下がってきているのは、どうも左の肺あたりで、肺動静脈路ができている模様(去年のグレン手術直後は90前半だったSpO2が、最近は90を下回るくらいになっている)。
このことからも、フォンタンはやらないといけない。
今回のカテーテルでは、はっきりと造影されるほどの経路は見つからなかった。

ということでした。
手術は、これから内科、外科の先生方がカンファレンスを開いて方針を決め、まずは内科の先生から説明を受け、その後、外科の先生から説明を受けてその際に手術の日程を予約するということでした。それほど緊急性が高くないので、方針が決まるのが1ヶ月後くらい。外科の説明を受ける(手術外来)がその1ヶ月後くらい。そこから1、2ヶ月後に手術になりそうとのことで、10月か11月くらいでしょうかね。
暑い夏は病院で過ごすことになるかと思っていましたが、どうも家で乗り切ることになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カテ終了

R0016914

本日、娘は予定通りカテーテル検査を実施しました。オペ室にいくちょっと前に、座薬でぼーっとさせます。去年は何やら楽しい気分になってヘロヘロになりながら笑っていましたが、今回はずっと泣き続けていたので、あまり愉快な気分にもなれなかったようです。
でも、オペ室へ移動するためにベッドを移ってからは少しは気分が良くなったようで、移動しながら話しかけるとちょっと楽しそうに何やらつぶやいていました。オペ室の前でピースサインして励ましてあげたら、何を勘違いしたのか「にしゃーい!(二歳)」と大きな声で。両親と分かれて看護師さんに連れられて行く間も、何度も「にしゃーい!」「にしゃーい!」と機嫌良さそうに叫んでいました。

R0016940
オペ室の入り口。両親はここまで。奥に心臓カテーテル室があります。奥の方に運ばれて行く娘のベッドが写っています。この後も2、3回叫んでました。

カテーテルは2時間ほどで終了。経食道エコーをやったため、人工呼吸もやったそうです。戻ってきたときは呼吸は安定していました。SpO2は80台前半から半ば。
2時間ほどで麻酔から眼を覚ましてお茶を80cc一気飲みしました。そのお茶が大丈夫そうだったので、今度は30分後に林檎ジュースを80cc。ところがジュースはダメだったみたいで、飲んだ直後に吐いてしまいました。カテーテル後4時間は体が動かないように固定されているので、大変なことになってしまいました...
その後、4時間経って体が自由になってからは、お茶とジュースを少し飲むことができました。お腹もだんだん動いてきているようです。くらけんはここで家に帰ってきてしまいましたが、本人が食べたがればご飯にチャレンジするそうです。

R0016897

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »