« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

大晦日

これから、実家に帰ります。2009年、みなさまには大変お世話になりました。

今年は、娘のフォンタン手術の予定があって、それに向けてずっと気が張りつめていましたが、評価カテーテル検査の延期から始まって、ついに手術を受けられないまま、一年が終わってしまいました。
娘は歩けるようになって行動範囲もひろがり、積極性も出てきました。あちこち出かけていろいろ経験させてやりたいですが、カゼをもらってきたりすると困るので、難しいなぁ。

R0019669
松本 ナワテ通りのカエル。

仕事に関しては、今の業務はあと数ヶ月で終わりになりそうです。新しい業務はどうなるのか、全く決まっていませんので、不安ですが、何とかなるでしょう。
今の業務は、途中で切り上げることになります。今手がけている開発要素や開発案件、技術動向がどうなるか、とても楽しみで、途中退場は辛いです...

実家は今年、ブロードバンド環境になったそうです。還暦間近の母親が手続きしたそうで、かなりびっくり。実家からもブログ更新できるかもしれません。
Skypeかなにかでビデオチャットをできるようにしてくるつもり。ビデオチャットできるようになれば、アパートに帰ってからも祖母や曾祖母の顔を見ながらお話しできるようになるでしょう(娘が)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステーショナリーワン

遠兵がつぶれて松本中心部に魅力的な文房具屋がなくなってしまったんですが、最近、Mウイングの一階に新しい文房具屋ができたということで、行ってみました。

R0019685

規模は遠兵よりもずっと小さいのですが、いろいろな物を取り揃えていて、なかなか良さそうです。Moleskine、ロディア、測量野帳など、この辺りでは簡単に手に入らないものが置いてあるのが良いですね。普通に手に入るものは値段でも、品揃えでも大きいところにかなわないでしょうから、普通に買えないものを揃えていつまでも営業してほしいですねぇ。松本には滅多に出られないですから、そんなに売上に貢献できないですが...

とりあえず、LIFEのメモ帳を購入。

IMG_6351

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会その2

今年は職場の忘年会が業務の都合で中止になって新年会をすることになったので、忘年会は友人関係だけです。今日は、その二回目。
松本のイタリアンレストランでの忘年会でした。

昼間からワインで酔っぱらって気分が良かったです。

R0019699


サラダバーが良かった!火を通した野菜がたくさんありました。

R0019689


くらけんが注文したのはカレーでしたが、写真写りがよくないので、隣のピザを。

R0019694


デザートまで頂いて、お腹パンパン。

R0019696

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好記担仔麺

ガイドブックにもよく載っている、好記担仔麺に行ってきました。台湾赴任時代にも1度か2度行ってます。

R0019600

まずは店名にもなっている担仔麺。

R0019601

ですが、度小月のほうがおいしいです。くらけんはここの担仔麺はあまりおいしいとは思いませんでした。
ただ。それ以外はおいしかった。

R0019598


四季豆。好きな野菜のひとつです。

R0019599


テーブルはこんなことに。今回は、台湾料理をはじめとする、中華の食事がおおかったんですが、たいてい、テーブルには載りきらない料理が出てきます。ローカルスタッフが交際費でおとせる食事(=彼らにとってタダ飯)についつい張り切ってしまうからでしょうね。

R0019605

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ仕事納めじゃない

今日が仕事納めの人って結構多いのかな?くらけんは、明日までです。

出張あけなのと、年末なのが重なって、今日がどうしても月曜日という気分ではありませんでした。どうも、金曜日みたいな気がしていました。が、明日も半日はしっかり業務なんですよねぇ。

先週の出張の行き、セントレアもクリスマスの飾り付けがされていました。

R0019566

夜になるとイルミネーションが光るのかな?

R0019572

こちらは、帰りの台北桃園国際空港のスターバックス。たいてい、ここで何か飲んでから出国審査を受けます。今回はキャラメルマキアート、中杯。ちゃんと北京語で注文が通りました。

R0019612

空姐(女性のフライトアテンダントのこと)がたくさんくるので、目の保養になるんですよねぇ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾出張

先週、クリスマスをつぶして台湾に出張に行ってきました。
約一年ぶりです。受け入れ先の意向で、ホテルは今回は、かなり立派な老爺でした。

そこからの眺め。

R0019581

屋上屋を架す、っていうと、無駄なことのたとえですが、台湾の場合、無駄ではなく、ちゃんと住処になっています。

R0019595

勤めていた会社の周り、2年前よりもニギヤかなことになっています。
台北101も懐かしい。

R0019608

知らない建物も建っていました。ここは、丸ごと超高級品しか扱っていないデパートだとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5泊6日の出張

明日のフライトで、5泊6日の出張に出ます。5泊すべて同じホテルなので助かりますが、久しぶりに長い出張です。

行き先は台湾。1年ぶりの台湾で、行けること自体はうれしいのですが、ちょっとスケジュールが過密で、自由時間なんてなさそうなのがちょっと...
まあ出張に出て自由時間があることなんてほとんどないんですが。

会食で食べ過ぎない程度に台湾の料理を楽しんできたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安曇野にも雪が

R0019550

塩尻松本と大北地域の間にある我が家は、多少松本より雪が多いようです。
今朝はアパート周辺では写真のような雪が積もっていましたが、数キロ南にある会社の周辺では、ほとんど雪は積もっていませんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最近の夜

近頃、娘が寝るまでは、我々両親が一緒に布団に入っていないといけません。というより、両親が寝室でおしゃべりしていると娘がリビングからやってきて、両親が布団に入っていると、近くに来てそのうち寝てしまう、という寝方になっています。
リビングから寝室に抱っこで移動しようものなら大騒ぎ。電気を消すそぶりをするだけで大泣き。なので、勝手に寝るまで放っておきます。

おかげでこちらもそのまま寝てしまい、朝。

夜、だらだらとブログを書くことが多いので、最近はほとんど更新してません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道祖神

R0016118

デイリーポータルZで、安曇野の道祖神、やってました。
写真は、穂高支所(旧穂高町役場)の道祖神。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心身のバランス?

ほんの5日前のエントリでは、どうやって娘を歩かせるか?なんてことを書いていたのですが、わずか数日のうちに、勝手にあちこち歩いて回るようになってしまいました。昨日、初めてお邪魔した場所では大興奮して、階段は二階まで自力で這い上がっちゃうわ、家中勝手に歩き回るわでびっくりです。
今まで見えなかった世界が広がって、あちこち歩きたくて、あれこれ触りたくて仕方がないようです。ずっとおしゃべりしてますし。

今までに比べてずっと運動量が増えて、体の疲れ方と頭の疲れ方のバランスが取れていないんでしょうか、寝る前に大泣きすることが多くなってしまいました。泣き方が尋常じゃなくて、瞬間的に冷静になるときがあって「ないちゃった」とか「ねんこしたい」とかおしゃべりをしたかと思うと、次の瞬間、どうやって気をそらせても泣き止まなくなり、なんてことが十数分から長いときは2時間近く続いてしまいます。

われわれ親も、今までの寝かせ方を続けているので、うまく寝れるようにいろいろ工夫しないと行けませんね。(われわれ、といっても多くは妻任せなんですが...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スワン

R0019522

いつからかわかりませんが、今年も光城山の白鳥が点灯しました。

R0019523

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘の歩かせ方の違い

娘は、2歳半になってようやくなんとか歩くことができるようになってきました。
知能はわりと年齢通りなので、いろいろと、おだてたり褒めたりすると歩きます。というか、勝手に歩くことはまだありません。まだまだ、10年くらい前のロボットみたいな歩き方です。また、体力もないので、ちょっと歩くとかなり疲れるみたいです。

今の流行は、食器の片付けのお手伝い。「お手伝いする?」と仕向けて、お皿やお茶碗をひとつずつ運びます。

そこで面白いのは妻とくらけんの、娘の歩かせ方の違い。
くらけんは、どちらかというと娘がやりたいようにやらせる派で、どこかに手をついて伝い歩きみたいになろうが放っておきますし、娘が安心するなら肩に手をやって歩かせます。
一方妻は”がんばれ娘!”派。伝い歩きしようとすると、何もないところに強制連行(^^;くじけそうになると正面に行って一生懸命応援します。娘も歩けるのがうれしいので、がんばります。

どちらが良いのか?

まあ、どちらもどちらでしょうね。娘にとっては硬軟織り交ぜてでちょうど良いのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »