« 我が家のお気に入りボールペン | トップページ | スワン »

娘の歩かせ方の違い

娘は、2歳半になってようやくなんとか歩くことができるようになってきました。
知能はわりと年齢通りなので、いろいろと、おだてたり褒めたりすると歩きます。というか、勝手に歩くことはまだありません。まだまだ、10年くらい前のロボットみたいな歩き方です。また、体力もないので、ちょっと歩くとかなり疲れるみたいです。

今の流行は、食器の片付けのお手伝い。「お手伝いする?」と仕向けて、お皿やお茶碗をひとつずつ運びます。

そこで面白いのは妻とくらけんの、娘の歩かせ方の違い。
くらけんは、どちらかというと娘がやりたいようにやらせる派で、どこかに手をついて伝い歩きみたいになろうが放っておきますし、娘が安心するなら肩に手をやって歩かせます。
一方妻は”がんばれ娘!”派。伝い歩きしようとすると、何もないところに強制連行(^^;くじけそうになると正面に行って一生懸命応援します。娘も歩けるのがうれしいので、がんばります。

どちらが良いのか?

まあ、どちらもどちらでしょうね。娘にとっては硬軟織り交ぜてでちょうど良いのではないでしょうか?

|

« 我が家のお気に入りボールペン | トップページ | スワン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/46912565

この記事へのトラックバック一覧です: 娘の歩かせ方の違い:

« 我が家のお気に入りボールペン | トップページ | スワン »