« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

車修理完了

駐車場でぶつけられた車、本日修理完了で受け取ってきました。2週間。

ついでにスタッドレスタイヤに付け替えてもらったので、雪が降っても大丈夫(もう一台は今週末の予定なので、それまでは降らないで欲しい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光iフレーム

R0030818

先週から受付が開始されていたNTTの光iフレーム、受付開始早々に申し込んだところ、今日、端末が届きました。買い取りではなく、レンタルです。
端末は静電容量タッチパネルと抵抗膜タッチパネルの二種類があるそうですが、最初は静電容量タイプ(WDPF-701ME)だけとのこと。良かった。タッチパネルは、見たところガラスセンサーにPMMAカバーです。電極見えもほとんどなく、優秀ですね(ブリッジ見えが少しあるだけ)。PMMA表面に防指紋コートが無いようなので、滑りが悪いです。感度も微妙(感度が悪いのか、システムが遅いのか、よくわからん)。
残念なのは、LCDがWVGAの解像度なので、もう少し高解像度なのがいいのと、安物TNで狭視野角とフリッカが気になるところでしょうか。

OSはAndroidで、マルチタッチには対応していないようです。

R0030819

無線LANの設定は割とすんなりできました。が、フレッツマーケットというのの設定が「Wi-Fiがつながりません」と出て、うまく行きません。Webブラウザでは普通につながっているように見えるのに...
手も足も出ないのでサポートセンターに電話して聞いてみたらIPv6でつながってないとダメとのこと。ルーターやらアクセスポイントやらを見直して、つながるようになりました。サポートセンターのお兄さん、ありがとう。

全体的に動作が遅く、軽快感はありません。iPod touchとは大違い。さすがAppleというところでしょうか。
タッチパネルもすぐにスリープに入ってしまうのか、文字入力もストレスたまりまくりです。

しばらく何ができるかいじってみます。Lモード(懐かしい!)の二の舞にならないですかねぇ。
Myloの二世代目を買ってがっくりしたのですが、今回のおもちゃはどうなるでしょうか...

(追記)
その後、光iフレームは返却しました。そのときの様子はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のアルプス

IMG_7489

天気がよく、常念岳がきれいでした。

アパートから撮ったんですが、ちょっと下には店の看板があるので、変な構図。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭菜園継続中

今年の春から始めたプランター菜園ですが、11月終わりはこんな感じになっています。
夏野菜が終わった後は、一気にトーンダウンして、小松菜とイチゴのみ。

IMG_7484

小松菜は10月末くらいに種まきをしました。もう寒いので、虫はつきにくいですが、少し葉っぱは食べられていますね。そろそろ収穫してすっきりさせるかな?

IMG_7486

イチゴ。今年の春は二株購入して枯らしてしまいました。万全を期して、今度は土まで専用のものを購入して再チャレンジ。春に植えるより、秋に植えるのが普通なんですね。今度は大きくなって、冬を越して、実を付けてくれるだろうか?一株だけ購入。

IMG_7485

小さい葉っぱのこのイチゴは、娘が産まれた年に、妻の実家で植え始めたものの子孫。秋になってからランナーの先についていた株をポットに受けて頂いてきました。
ちょっと寒くなってからの定植だったのでちゃんと根がつくか心配でしたが、新しい葉が出てきました。大丈夫かな。こちらは3株。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリッ!

ゴツン!の次はガリッ!でした。
今日、もう一台の車を運転していた妻が、交差点のコーナーに立っていたポールに車をこすってしまい、ボディー凹んでしまいました。くらけんが帰宅してから見る限り(暗くて良く分かりませんでしたが)、塗装がかなり剥げているので、ちゃんと直さないと錆だらけになりそう...

重なるもんですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

在宅酸素、夜だけに

R0030790

フォンタン後、2、3ヶ月は酸素しましょうね、ということだった娘ですが、少し酸素の期間が延びました。
先週の通院で循環器科の先生から、夜寝るときだけにして継続しましょうとのこと。そういえば、前回の在宅酸素のときも、寝るときだけ、というのを少しやってから終了しましたっけ。
次の循環器は一ヶ月後の予約なので、それまでは寝るときだけはやることになりそうです。幸い、かなり分別がついてきたので、寝るときに鼻カニューラやるよ、というと素直にやってくれます。それがかわいそうでもあるのですが...

利尿剤が一種類減ったんですが、ワーファリンの効き具合もよし、心臓の大きさもよし、ということで、いまのところ順調です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴツン!

SH3C0084

買い物に出て、駐車場に戻ってみたら、車がぶつけられていました...

それに気がつかず、車に乗り込もうとしたところ、ぶつけた相手が声をかけてきました。連絡先のメモを残してくれようとしていたところみたいでした。わざわざ伊那谷の方から買い物に来ていた方でした。
向こうは平謝りで、できたら保険会社を通したくないから、ということで、ディーラーに移動したんですが、以外と修理費がかかりそうなことと、代車が簡単に回ってこなさそうということから、保険会社にお願いをすることになりました。
100%向こうが悪く、駐車場での事故ということで、こちらの保険代理店に聞いたら警察は特に行かなくていいのではないか、とのことでしたが、先方の保険会社は警察への届出が必要だ、とのこと。しょうがないので、ディーラー近くの交番に行って手続きをしてまたディーラーに戻って、とやっているうちに2時間も経ってしまいました。

まあ、向こうの人(くらけんと同年輩の男性一人でした)が、ひたすら平謝りで、しっかりしていそうな人だったので良かったです。そうでなければ、メモなんて残さず当て逃げでしょうからね...

相手もいろいろ動揺しているでしょうから、気をつけて帰ってね、と声をかけて別れたところ、ちゃんと家に帰ったよ、と連絡をいただきました。事故は残念だったけど、気持ちのいい人ですねぇ。
そのあと、ディーラーからレンタカーが来たとの連絡があって取りにいき、はじめてカーナビ付きの車を運転して帰ってきました。ディーラーが歩いて5分かからないところにあるのは助かりますね。

修理は板金工場が混んでいるのでかなり時間がかかりそうとのこと。どちらも怪我が無かったのが良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保健師さん&幼稚園と相談

先日、近所の幼稚園から「娘面倒をみるには看護師の常駐が必要で、通園は難しい」と市の保健師さんから連絡があったので、保健師さんに今後のことを相談することになりました。
ちょっと手違いがあって、どうも「どうしてダメなのか、直接聞きたい!」とくらけんが言っていることになったのか、幼稚園の園長先生も一緒に打ち合わせをすることになり、幼稚園へ。

幼稚園の園長先生、主任の先生、保健師さん、くらけんの4人でお話をさせていただきました。まずは、どうして受け入れが難しいと判断したのか?から。
・妻の説明を聞いた園長先生たちは、けがでもしたら一大事で、専任の看護師をおかないと不安で仕方が無い、と判断した
・来年度の年少に応募する人数が多そうで、クラスがふたつになるかもしれない。そうすると、加配+看護師が必要になりそう(??この辺はイマイチ理解できず)。
・病気のことはよくわかったが、それ以外の日常生活のことをよく聞いていなかったので、手取り足取り全部介護しないといけないと思った
の3点から、看護師が必要だが、その当てが無く、難しい、という判断をされた、とのことでした。

簡単なところから、ということで、3点目の日常生活について、娘は運動面では明らかに同世代の子とは違って遅れているが、精神面、知能面ではそれほど遅れていないということ、食事やトイレなどはある程度自分でできるため、まあ、それほど特別ではないのではないか、と話ました。保健師さんからは、知能面はそれほど遅れている感じは無いが、同じ3歳の子と比べると小さいし、今まで他の子と関わってきたことがない、という点をコメント頂きました。
フォンタンも終わったことなので、普通の子供と一緒に幼稚園生活を送らせてやりたいこと、入園の時期が遅れると体力が離される一方なのでできたら3年保育にしたい、という希望を伝えました。娘は確かに特殊な病気を持ち、まったく他の子と同一の生活はできませんが、余り特別扱いを受けたまま成長して行って欲しくない、というのが願いです。

この辺りまでの話は、大体理解・共感していただけたようでした。
どうも妻の説明を聞いた幼稚園側が必要以上に警戒しているようでした。(例えば、ワーファリンを飲んでいるので、ケガをしたときには出血が普通より多く、血が止まらない、と何度も園長先生が言ってましたが、妻が持って行った説明資料には「血が止まりにくい」としか書いてないんですよねぇ。)妻の説明がかなり細かいリスクまで及んでいたこと、それをさらに増幅させて受け取られてしまったことが誤解の元だったのかと思います。

ですが実際問題として受け入れることができたしても、リスクはゼロではないことを園側から説明していただきました。
・年少は自分のことで精一杯。かなり急な動き、乱暴な動作はしょっちゅう。本当に危なくないか?(年中や年長になれば、他人への思いやりも出てくる)
・娘に何かあったとき(メガネを壊された、突き飛ばされて怪我をした、など)、娘は被害者だが、突き飛ばしてしまった子(やその親)もまた被害者になる。
・従って、加配の先生はおそらく絶対条件だろう。
確かに、普通の子なら簡単に受け身が取れるような体当たりを食らっても、娘はひょっとしたらケガをするかもしれません。言われることはいちいちもっともでした。

結局、園側としては、娘にどれくらいの障害があり、どれくらいの行動の制約があり、どれくらいのケアをしなければいけないのか、まだ理解できないため、病院の先生に話を聞きたいということになりました。医師からの説明を聞き、加配の先生が必要かどうか判断し、教育委員会に話を出す、という流れになるそうです。(また情報の伝達がありますね・・・)
我々側としては、園から受けた説明などを考えて、本当に3年保育を目指すのか、他の方法があるのか、よく考えることにしました。


他の進路として、保育園があります。が、保育園は基本は共働きが必要ですし、そうでない場合は「私的契約」になります。その場合は加配を付けることは不可能に近いだろうとのこと。
また、娘は普通の子よりは休みをもらうことが多いでしょうから、妻が働きに出ることは余り現実的ではないことと、娘も長時間の保育園には体力的に辛かろうということで、ちょっと無理そうです。

なんとなく、3年保育はあきらめて、2年保育で近所の幼稚園に来年再チャレンジかなー。という気分になっています。まだこれから妻とよく相談しないといけませんが。


話をしてみて、園長先生は基本的には子供と接する時間が短く、4年ほど前にどこからか来たそうなので、理想論やあるべき姿の話には非常に乗ってくれます。こちらも熱意を込めて話ができたと思います。
が、実務を取り仕切る主任の先生はやはり全体的に難しそうな顔を崩されておらず、受け入れ自体にはまだ障壁がありそうだなぁと感じました。そりゃそうですよね。差別はダメよ、と頭では分かっていても、現実は違いますもんね...
なんだかとりとめが無くなってしまいましたが、打ち合わせもこんな感じでとりとめの無いまま終わってしまいました(やることだけはしっかり決めたので、少しは前進!)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フォンタン後3ヶ月

気がつけば、7月30日のフォンタン手術から3ヶ月が経っていました。
今度の循環器外来で、酸素が外れるかな?まだ小さい体に、酸素カニューラはうまく合わなくて、耳に引っ掛けるのがうまく行かず(メガネをかけているせいもありますが)、耳が変形してしまいます。早く酸素が取れて欲しい。

心臓病の子供を持つ親御さんのブログを見ると、多くはフォンタンが終わると更新がパタリと止まってしまっています。一生つきあう必要のある障害ですが、フォンタンが終わればまずは一段落ですからね。
で、ウチの場合も、フォンタンが終わって、退院して、しばらくしたらなんだかほっとして力が抜けてしまいました。娘は循環がラクになったおかげか、だんだん元気になって行きますし、日々いろいろなことができるようになっていろいろ書くこともあるはずなんですが...

フォンタン前後で変わったこと
・呼吸も楽になったのか、大声で叫ぶことができるようになった
・同じく、一息でたくさんしゃべることができるようになった
・同じく、大きな声で歌を歌うことができるようになった
・歩いたり走ったり(まだ走るマネ)が長くできるようになった
・ワーファリンが始まって、ちょっとだけケガが心配になった
 (ケガをするほど飛び回れないけど)
・よく食べるようになって、いろいろなものを食べるようになった

カラダが楽になって、よく動くようになったのは確かなようです。
体重はほとんど増えないんですけどね...(3歳半で10kg弱)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

保健師さんに相談

近所の市立の幼稚園には入園拒否をされてしまったんですが、今後、どのようにして行ったらいいのか、保健師さんに相談に乗ってもらうことにしました。
妻は何度か話をしているので、おおよその様子はつかめているようですが、くらけん自身はよくわからないことばかりなので、まずは僕が一人で。

保健センターとかに行けばいいのかな?と思っていたんですが、くだんの幼稚園で園長先生も一緒にお話をしましょう、ということになりました。みんなの都合があうのが来週なので、会社を半日休んで話を聞いてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ指の出ているグローブは厳しいかな?

自転車通勤。だんだん朝の冷え込みが厳しくなってきました。今日の安曇野は、山の方が真っ白になっていました。高い山のてっぺんは雪化粧かな?
今は夏用の指の出ているグローブをしています。だんだん寒さで耐えられなくなってきました。そろそろ指までのタイプにしようかなぁ。でも、まだそこまでは寒くなくて手が暑そうなんですよね。

今日は、天気が悪かったり出張に行っていたりしてしばらくぶりの自転車通勤でした。ここ一ヶ月ちょっと、通勤コースに近所のお散歩クラブ(?)のお年寄りを見かけるようになりました。2、3人ずつ連れ立って2、3組同じ方向に歩いています。
今朝、すれ違いざまに「ひさしぶりだね!天気悪かったもんね!」と声をかけられました。向こうも時々見かける自転車だなぁと思っていたようです。知らない人ですが挨拶をするのは気持ちいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のアルプス

R0030743

今朝、常念岳のてっぺんは真っ白になっていました。写真を撮ったときは雲の中...
虹も出てましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod touch 4G 一週間

R0030739

そろそろiPod touchを買って一週間です。

まだ触っているだけでも楽しいです。

Twitterやメールの確認で、Macをひらなくていいのがいいですね。
アンチグレアのフィルムを貼りました。グリッタリング(ギラつき)が出るかと気になりましたが、ほとんど気になりません。よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »