« 学生時代の同窓会 | トップページ | 青?緑? »

日帰り入院

娘は、予定された入院(カテーテル検査のための入院)で、今日、病院に行きました。10時の予約の通りに行くと、いつもと違った病棟に案内され、ちょっと慣れないところに戸惑いつつも入院環境を整えることができました。
くらけんは、夕方、少し外出。用事を片付けていると妻から電話が。
どうも入院が中止になったみたい。

用事が終わって病院に戻ってみると、てんかん発作がもう少し治まったことを確認してから、カテーテル検査をやりたいとのこと。そのため、今回のカテーテルはなしで、今日はもう帰っても良い、ということになりました。
だったら早く言ってよねー。入院する前から判断できただろうに...

神経科と循環器科で、考え方が違うところがあるみたいで、神経科の先生は「まあいいんじゃない?」派。循環器科は「安全を見ましょう」派。循環器科の中にもたくさん先生がいて、やってもいいんじゃない派はいるみたいですが...
勝手な予想ですが、病院では今RSウィルスが流行っていて、12月の娘の入院のときもICUは結構忙しそうでした。それがまだ続いているとすると、緊急度の低い手術/検査はできる限り延ばして、ICUや病棟をできるだけ開けておきたいという事情もあるのかもしれません。通常カテーテル検査の場合は検査翌日に退院できますが、娘の場合何があるか分からないので(小さい頃にはいろいろ前科があって先生たちには心配かけてます)。まあ、しょうがないですね。

通常は入院より前の外来で行う"カテーテル検査の説明”をついでに受けてきました。フォンタン術後の循環の様子を見るためにカテーテル検査を行います。他の人のブログを見ていると、フォンタン後1年くらいでやる例が多いようですね。娘は不整脈があるので、ペースメーカを入れた方が良いのかどうかを確認するためにはやめにやりたいとのことでした。
主に確認するのは、肺動脈の圧力。造影剤を入れて形状や、不要な血管(側副血行路)ができていないか等の確認も行います。あとは洞結節や房室結節の働きを見るために電気信号を出して動きを見たりするそうです。

いつできるかなー。

ちなみに、予定では明後日、カテーテル検査の予定でした。
会社には休みます宣言をしてきてしまっているので、予定通り休んで、雑用を片付けたいと思います。

|

« 学生時代の同窓会 | トップページ | 青?緑? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/50678655

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰り入院:

« 学生時代の同窓会 | トップページ | 青?緑? »