« 入院十日目 | トップページ | 入院十四日目:退院 »

入院十一/十二/十三日目

娘は体温は平熱に。朝は6℃台後半で、午後にかけて7℃台半ばといった感じで、普段と同じようになったと思います。
金曜日には理学療法士さん(ずっと娘のことを見てくれている方で、娘はその人のこと大好き。未だに旧姓で呼ぶのは娘くらいかも?)に来てもらって、座り方/寝方などのトレーニングをしてもらいました。10日間ほとんど寝たきりだったので、もともと体力がない娘には起き上がるだけでも重労働になってしまいました。とりあえず、長くても20分くらいまで、ということで、座ることはできるようになりました。
食事もだんだんと増え、13日目の今日は夕食は普通の料のご飯(100gかな?)を食べることができるようになりました。ただ、おかずはほぼゼロ。ご飯も重要ですが、おかずも食べて欲しいですねぇ。

土曜の晩は先週と同じく、僕が病院付き添いで、妻は実家に戻って息子の相手。息子はすっかり慣れているとのことでした。食事は何でも良く食べるとのこと。

日曜日の今日、神経科の先生が見に来てくれました。入院当初は脳波を取ってみるための入院、ということだったので、どうするか聞いてみました。
「入院初日以外にはてんかん発作起きてないし、脳波を取るために眠らせたりするとそれがまた負担になるから、今回は取りやめにして、そのうち外来で見ましょう」とのこと。たしかに眠らせると次の日まで引きずることが多いですし、まずは体力回復が優先でしょうね。体力回復のためには病院のベッドに要るよりも家に帰った方がいろいろ体を動かせるし、ストレスも少ないだろうということで、明日理学療法士さんにもう一度見てもらって、大丈夫そうなら退院しましょう、ということになりました。

|

« 入院十日目 | トップページ | 入院十四日目:退院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/54307801

この記事へのトラックバック一覧です: 入院十一/十二/十三日目:

« 入院十日目 | トップページ | 入院十四日目:退院 »