« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

電力量黒字

我が家の太陽光発電、昨年の11月終わりからなので、半年経ちました。春になって発電量が増えていたので、楽しみにしていましたが、ついに今月、太陽光発電の発電量が、我が家の消費電力量を上回りました。

IMG_3784

来月の夏至まで日照時間は長くなりますが、梅雨に入っちゃうし、気温も上がって発電効率が下がるでしょうから、そろそろ頭打ちかもしれません。

プラスになるのはなんだかうれしいですね。

ウチの太陽光発電は、3.84kWという容量です。天気が良くて空気の澄んだ日だと、10時過ぎから3kWを越える発電をしてくれます。多い日だと20kWhを越えます。
で、そんな設備を用意するのに、約200万円かかりました。補助金は国と市から、合わせて30万円程。
残りの170万円を発電で回収しないと損になってしまいます。まだ夏にどれくらい発電してくれるかわからないので、何年かかるか予想するのも難しいですが、まあ10〜20年はかかりそうです。ほとんど設備の寿命ですね...

ま、夏の間は近所のエアコンを動かす電力を産み出してもらいましょう。ウチはエアコンないので、あげるばかり(発電してるときはできるだけ売電したほうがいいですしね)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その後の我が家

娘がずっと風邪っぽくて、てんかん発作も起こして病院に担ぎ込まれて、な先週日曜日から、今週はいろいろありました。

くらけんは先週に引き続き体調不良。日曜日からは急性結膜炎というものになってしまい、月曜日は眼科に行ってきました。処方された目薬のお陰か、月曜日は仕事でモニタを見ているだけで目がショボショボして目ヤニで目が開かなくなっていたのが、火曜日からはなんとか良くなりました。まだ多少目が赤いので、金曜日の今日も目薬使用中。あと、セキが止まりません。お陰で腹筋が筋肉痛。

妻がヤラれました。39℃の熱をだして動けなくなり、くらけんが半日会社を休んでなんとか子どもたちの面倒をみました。次の日からはなんとか動ける、ということで、午前半休とった後は妻に家のことはお任せ。大丈夫かな...

娘も相変わらず。発熱があり、妻と前後して39℃な日がありました。座薬連投でなんとか乗りきり、昨日(木曜日)からは微々熱くらいになりました。セキ、鼻詰まりが相変わらずで、良くなっているのかどうか判りません。弱った。

息子ひとりが元気です。そろそろヤバイかな?と思うのですが、ぜんぜん感染する気配なし。少しずつ立って歩く動作が上手になってきています。「あっちー」と言いながらボールの転がって行った先を指差したりします。「おとーさーん」とも言います。「おとーさーん」を最初の言葉と認定したい所ですが、どうも「あっちー」のほうが使っている場面、発音ともに正確なので、こちらが息子の最初の言葉かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高熱で発作?

もう一ヶ月も鼻水や鼻づまりで苦しそうな娘。先週から薬を飲み始めていますが、どうにも鼻づまりが収まりません。寝るのも苦しそう。
で、睡眠がうまく取れてませんでした。金曜日の夜からかな? 昨日の土曜日は、一日ゴロゴロしてて、起きてるか寝てるか、起きてても、ちょっとぼんやりしている感じでした。
今朝、やはり息が苦しくなったのか、3時過ぎに起きてしまい、1Fに移動してお茶を飲んでまた寝たそうです(4時頃)。それから1時間半ちょっとの5時44分、洗濯物を干していた妻が娘のけいれん発作に気がつきました。(多分)大声で僕を呼びつつ、様子を伺いながらダイアップを入れて、全然僕が起きてこないので、寝室までやってきました。僕はここ何日か風邪で木曜日は会社を休む程だったので、昨日の晩は早くに就寝して完全に眠り込んでいたようです。3時に起きたのは気がつきましたが、発作騒動は全く気がつきませんでした。

慌てて飛び起きて着替えをしながら階下に行ってみると、右半身のけいれん(ダイアップを入れるころは両手両足だったそうです)。呼びかけても反応がないし、発作開始から5分程経っていたので救急車を呼ぶことにしました。電話中に、けいれんは両手が非同期でけいれんするようになりました。
その電話が終わる頃、ぴたっと発作が止まりました。いままでは少しずつけいれんが収まって行く止まり方ばかりだったと思うのですが、今回はぴたっ、と。初めてです。
今朝は救急車には近く消防署から来てもらえたので、あっというまに救急隊員の方が入ってきました。僕は寝ていたので、発作の様子や服薬状態など、妻から教えてもらいながら付き添いの準備。救急車に乗ってこども病院に行くことになりました。車内で体温を測ってみると、38.5℃。3月に高熱で入院したときも、発作後の体温がやはり38.5℃でした。ふだんのてんかん発作とは違う発作のおきかたかもしれません(あとから救急外来の医師からもいつもの発作とは発生機序が違うかもね、と言われました)。
病院に着いても娘はダイアップの効果か、呼びかけにほとんど反応しません。瞳孔の反応はあるし、イヤなことはいやがるから大丈夫かな?と見ていたら、採血&点滴の注射には大泣き。良かったです。

熱は下がらないけど、点滴200cc受けて、11時、帰宅となりました。食欲はあって、たくさん食べるし、前回3月のときと違って熱はあるけどおしゃべりもします。このまま様子を見ることになりそうです。少しでも早く熱が下がって鼻詰まりも良くなって欲しい。

おまけ:
救急車の車内で「白金(しろがね)から移って、多少落ち着きました?」と救急隊員の方から聞かれました。いつもお世話になっている方で、くらけん自身もこの方は見覚えあります。確かに昨年末の引っ越しからはかなり落ち着いて、救急車のお世話になるのも頻度は減りました(といっても、普通の人が使う割合じゃないですね。感謝してもしきれないほど感謝してます)。今回は一ヶ月程発作ゼロのあと、2日前に小さい発作があって今回のけいれん発作でした。なんとかこの頻度を下げたいものです。
白金ってのは、前の地区の名前。住所は安曇野市穂高○○番地なので、白金は入りません。あまり使うことのない地区名なんですが、以前は妻はシロガネーゼだったんですよねぇ。

おまけ2:
今日はホントは友人たちを招いてBBQパーティをしよう、と計画をしていた日でした。いろいろ買いそろえて準備万端!だったんですが、残念ながら中止とさせてもらいました。わざわざ予定を開けてウチに来てくれる予定だった皆さん、ごめんなさい。
すぐにお肉たくさんあるだろうから、買い取ろうか?と連絡くれたYさん、ありがとうございます。普段動物性タンパク質をあまり取らないくらけん家に取っては、お肉1年分でした。Yさん、また近所の方のお陰でずいぶんウチで消費する分は減りました。これなら何とかなりそうです。(反省:お肉は当日買っても時間的にOKだから、当日買ったほうが良い)
ウチは娘がこんな調子なので、前々から予定して行う大企画は難しそうですね。まあ、前日くらいに突然決めたほうがよっぽど良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おそばのふじもりからのお便り

IMG_3755

我が家お気に入りだった「ふじもり」、残念ながら家主さんの都合で閉店してしまいました。偶然、最終日におそばを食べに行き、そこで住所と名前を書いてきました。
すると先日、わざわざ手書きのお便りが。今度はちょっと遠くなって朝日村になるそうです。オープンは今年の冬くらいとのこと。行けるといいなぁ。娘にはちょっと遠出になっちゃうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お手玉

IMG_3753

娘の通う幼稚園から「来週月曜日にお手玉をふたつ作って持ってきてください」と連絡が。
妻が俵型、僕は座布団型に挑戦しました。座布団型、1時間かかってようやく一個。その間に俵型はふたつ完成です。

そもそもふたつ持ってきてね、ということなので、ふたつ作るだけで良いのに、余計に作る必要はないですね。ついつい、面白そうなので手を出してしまいました。でも、難しいのに挑戦しすぎてスピードは半分...
まあ、自己満足のためにやる男の料理みたいなもんですね。

まだ一個作らなきゃ(必要じゃないんだが気分的に)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィークは、事情により3分割、4連休、5連休、4連休の合計13日のお休みでした(土日含む)。今日から会社ですが、仕事のこと、すっかり頭から抜け落ちています(今は朝)。
今年のゴールデンウィークは特にどこに出かける、ということもなく、家でノンビリ過ごす予定でした。
が、なんだかんだで忙しくしてたような気がします。娘は一ヶ月くらい鼻水が止まらず、3日程前から目やにが出始めて、夜寝るときに少し発熱して耳を痛がるようになりました。昨日の日曜日は休日診療している病院へ。一件目の小児科では耳が痛い件は判らないとのことなので、二件目に松本まで出て耳鼻科を受診してきました。そこでどうも鼻水が続くのは良くなくて、かなり炎症を起こしているっぽくて、それが耳が痛い、という感覚に繋がっているのではないか、とのこと。薬をもらって半日、昨夜はおとなしく寝付きました。

それ以外は薪棚に支柱を追加したり(スカスカだったので、横から薪が崩れそうになる)、薪棚の塗料を塗り直したり、家庭菜園いじったりしてすごしました。あとは、会社のビルまで初めて家族で遊びに行ったか。娘の園外保育もありました。

そうそう。娘は「耳が痛い」と訴えました。
今までは泣くばっかりだったのですが、てんかんの状態が落ち着いているのか、幼稚園に通いだしたのが良い刺激になったのか、いろんな表現をするようになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリスクライト

久しぶりに電子工作。というか、電子部分は少ないですが、工作して楽しみました。
フリスクのケースで作るLEDライトです。

IMG_3721

「フリスクライト」でググってみるとボタン電池+LEDで作っている例がいっぱいありますね。
それでは面白くないので、電池一本+昇圧回路+大電流LEDで明るいライトにしてみました。といっても、昇圧回路部分はキットを使ってますので、詳しい知識は不要でした。

IMG_3722

電池はボールペンから取り出したバネで。
電流は半固定抵抗で調整できます。100mAも流せば眩しくて直視できません。まあ、その分電池も消耗してしまうので、暗めで使いますけどね(常用するのか?)。

IMG_3724

蓋を取ったところはこんな感じ。
電池+小さな基板なので、スカスカです。
ライトをオンオフするのは、小さなスイッチです。蓋をスライドさせるだけで付けるようにしたかったのですが、ちょっとメカニズムを思いつかなかったのと、勝手に点灯してもらって知らないうちに電池が無くなるのも困るので、スイッチで。

IMG_3725

フリスクケースでイマイチなのは、単四電池が入らないこと。ケースを削って、電池がはみ出すようにしないといけません。でもまあ、楽しかった。

妻に見せたら「フリスクのケースに入っているのは面白い。でも、こんなことをチマチマやってて、ストレス溜まらないの?」と言われました。良いストレス解消になったんだけどなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »