« その後の我が家 | トップページ | 海外出張&娘の入院 »

電力量黒字

我が家の太陽光発電、昨年の11月終わりからなので、半年経ちました。春になって発電量が増えていたので、楽しみにしていましたが、ついに今月、太陽光発電の発電量が、我が家の消費電力量を上回りました。

IMG_3784

来月の夏至まで日照時間は長くなりますが、梅雨に入っちゃうし、気温も上がって発電効率が下がるでしょうから、そろそろ頭打ちかもしれません。

プラスになるのはなんだかうれしいですね。

ウチの太陽光発電は、3.84kWという容量です。天気が良くて空気の澄んだ日だと、10時過ぎから3kWを越える発電をしてくれます。多い日だと20kWhを越えます。
で、そんな設備を用意するのに、約200万円かかりました。補助金は国と市から、合わせて30万円程。
残りの170万円を発電で回収しないと損になってしまいます。まだ夏にどれくらい発電してくれるかわからないので、何年かかるか予想するのも難しいですが、まあ10〜20年はかかりそうです。ほとんど設備の寿命ですね...

ま、夏の間は近所のエアコンを動かす電力を産み出してもらいましょう。ウチはエアコンないので、あげるばかり(発電してるときはできるだけ売電したほうがいいですしね)。

|

« その後の我が家 | トップページ | 海外出張&娘の入院 »

コメント

パネルの寿命は公称20年ですが、30年くらいは平気で
持ちそうだと予測されてるそうなので、交換せずに
利用を続ければその分儲かるのではないかと
(パワーコンディショナーの方の費用は問題ですが)。
パネルの劣化は10年間で8%くらいの比率だそうです。

投稿: kit | 2012.05.30 01:20

そうですね。
導入時にパワーコンディショナーの寿命が10年とか言われているので、その費用ですね。

まあ、できれば一生ここに住みたいと思って建てた家なので、トータルすればプラスになるでしょう。

投稿: くらけん | 2012.06.05 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/54830289

この記事へのトラックバック一覧です: 電力量黒字:

« その後の我が家 | トップページ | 海外出張&娘の入院 »