« 二語文しゃべりだした息子 | トップページ | 2012年ありがとうございました »

大晦日の救急外来通院

昨日の調子がイマイチだなぁ、と思いながら、うまく睡眠は取れているみたいだから安心していた娘、今朝みんなが起きた後に、ベッドで吐いてしまったようです。なんと昨日の夕方に飲んだお茶100ccみたい。全然お腹が動いていないようです。
その後、薬を飲ませて、お茶も少し飲みましたが、30分後に吐いてしまいました。
さすがにまる一日飲まず食わずでは脱水がひどいだろう、ということで、病院に電話して救急外来で診てもらうことにしました。神経科の先生からは、こんなときは迷わず点滴に来い、と言われていたので。

病院に着いたときはぐったりで、採血、点滴確保も、いつものようには泣きません。とりあえず生食の点滴でしたが、採血結果で血糖値が低いということがわかり、ブドウ糖の入った点滴液に変更になりました。3時間ちょっとで300cc。100ccほど入ったら血色が良くなり、少し元気が出てきたようで、300cc点滴されてお茶を飲んでみたら、1時間経っても吐かなかったので、今日は帰宅、ということになりました。
家に帰ってきてもぐったりは直らずすぐに布団で寝始めましたが、夕食の時間には起きだして、年越し蕎麦を少しとおにぎりを食べました。あまり急に食べさせるのも危ないので、セーブしながら...

今日の救急外来は、大忙し。娘が診てもらっている間にも、骨折でヘリ搬送とか、篠ノ井から送られて来るとか、その他にも自分で来る人が何人かいました。
大晦日でも診てもらえるのは本当に助かります。

|

« 二語文しゃべりだした息子 | トップページ | 2012年ありがとうございました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/56436373

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日の救急外来通院:

« 二語文しゃべりだした息子 | トップページ | 2012年ありがとうございました »