« 駅、お気に入り | トップページ | 欠神発作多発 »

ビデオ脳波モニタリング

IMG_4707

妻の切迫早産入院から第三子誕生などで、すっかり忘れていましたが、娘のビデオ脳波モニタリング、やりました。写真のように頭に脳波の電極を付けて、18時間程、この病室で過ごしました。左のほうにビデオ脳波の記録装置とカメラが見えます。このカメラをできるだけ娘のほうに向けながら過ごします。
カメラで撮影しているので、夜も灯りを落としません。
慣れない場所で、頭にヘンテコな物を付けられて、娘はなかなかうまく寝られませんでしたし、寝ても1、2時間で起きてしまいました。つきあっているこちらはフラフラ。この病棟では、発作等が起きてもモニタを付けて24時間看護を受けているわけではないので、親が気がついてあげないといけません。これが一番辛かった...

幸か不幸か、モニタリング中には発作が起きませんでした。
「発作が起きたら押してね」というボタンがあるのですが、一度も押さずに終わってしまい、撤収後に医師が来て「一度も押せなかったんだよね」と言ったらとても残念そうというか、それで解析するのかよ、面倒だなぁというか、そんな表情をされてしまいました。でも、それでも問題ないくらいの結果だったのはまた後日書きます。(あまりにネタがないのも申し訳なかったので、寝付いた時刻、起きた時刻を記録して渡しました)

発作が起きてボタンを押すようなことはありませんでしたが、記録装置のPC画面で、常時脳波が表示されていて、素人目にもおかしな脳波が確認できました。まあ、シロウトと行っても「てんかん学ハンドブック 第三版」買って勉強はしましたけど。やっぱり、”そろそろねむいなぁ"というあたりから脳波の様子もおかしくなります。

|

« 駅、お気に入り | トップページ | 欠神発作多発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/57193433

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオ脳波モニタリング:

« 駅、お気に入り | トップページ | 欠神発作多発 »