« 朝のウォーキング | トップページ | 白金触媒懐炉のにおい対策 »

I2C液晶

Untitled

I2C液晶をAVRで動かしてみました。なかなか時間がかかりました。

マイコンはAVR ATTiny861Aで、I2Cを持っていないので、USIを使ったI2Cライブラリを使わせていただき、LCDドライバは頑張って作りました。(といっても、持っている機能は、初期化、1文字表示、n文字表示、クリア、カーソル位置移動、だけ)
LCDは秋月電子で購入したAQM0802A-RN-GBW。シトロニクスの(ST7032i)というドライバICを使ったキャラクタ液晶です。シトロニクス!個人的には大変懐かしい!

仕事でI2CやSPI通信するデバイスの設計をしているのに、電気部分は担当ではないので全然知らないで来ました。それではなんだかもったいないので、少し勉強をしようと思ってやってみています。

I2Cについて、もう少しハイレベルな取り扱いはRaspberry piを使った気圧の記録で、気圧センサーからの測定値読み込みはしていますが、もう少しローレベルな部分を覗いてみたかったので。
それだったらI2Cドライバを作るところからやらないといけないのですが、そこまでのプログラミング能力がないので、今回は先人の成果を使わせていただきました。

|

« 朝のウォーキング | トップページ | 白金触媒懐炉のにおい対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/59027504

この記事へのトラックバック一覧です: I2C液晶:

« 朝のウォーキング | トップページ | 白金触媒懐炉のにおい対策 »