« 白金触媒懐炉のにおい対策 | トップページ | 大雪! »

ブレッドボード用 AVRISP変換ボード

IMG_5496

AVRマイコンの書き込みには、AVRISPmkIIを使っています。この書き込み器の端子(ISP端子)は、6pinでそのままではブレッドボードにさせません。
なので今まではユニバーサル基板にICソケットとISP端子を並べて書き込み基板を作っていましたが、配線が煩雑になってしまってやりにくくて仕方ありませんでした。

そこで写真のように変換基板を作製してみました。

拡大すると、こんな感じ。

IMG_5497


二階建てというか、基板を一枚はさんでいる様子がわかるでしょうか。

IMG_5498

ISP端子の部分はこのような様子。

IMG_5499

基板の裏は当然、ISP端子に行く配線がぎゅうぎゅうとあります。あまり美しくないです...

IMG_5500

対象がATtiny861A用だけですので、ほかのIC(手持ちだと13Aと10)は従来の書き込み基板を使わないといけません。

なんだか、実用(?)品を作るより、こういった便利グッズ作って遊ぶのが好きかも...

|

« 白金触媒懐炉のにおい対策 | トップページ | 大雪! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/59066888

この記事へのトラックバック一覧です: ブレッドボード用 AVRISP変換ボード:

« 白金触媒懐炉のにおい対策 | トップページ | 大雪! »