« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

ラズベリージャム

DSC_0290

ラズベリーが思ったよりたくさん採れています。よく取れる日は写真くらいの量。
150g位を使ってジャムを作ってみました。

DSC_0299

種が苦手な僕は、茶こしで濾して種部分と果肉部分を分けてみました。

砂糖の量は、ラズベリー:砂糖=1:0.5でやってみました。
そのせいでしょうか、うまく固まらず、ヨーグルトソースのようになってしまいました。

そろそろ終盤なので、だんだん味が落ちてきているのがわかりますが、まだ採れ続けているので、もう一回挑戦できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Raspberry 2014夏

Untitled

始まりました。
昨年は6月15日に最初の一粒を採ったみたいです。今年は昨日が最初だったので、二日遅れですね。

昨秋の収穫の様子からすると、大量に取れすぎて困るかも!なんて心配をしていましたが、どうもそこまではできないみたいです。
とれたぶんから冷凍して、たくさんためてジャムにしようかと思っていましたが、どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LED街路灯

木の電柱に、LEDの街路灯が付いていました。
以前はたしか、白熱電球と丸い傘だったような気がします。

IMG_2650

やるな。長野市。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7歳の誕生日

IMG_2603

今日は娘の7歳の誕生日。
なんとか学校に行ってきたようです。

IMG_2647

もう一週間も、かわるがわる家族の誰かが調子を悪くしているので、今日の誕生日のお祝いは延期となりました。

IMG_2637

養護学校はなかなか楽しいらしい。
できるだけたくさん行けるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針

総務省から、

平成25年度電波の医療機器等への影響に関する調査結果及び当該結果に基づく「各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針」の改訂

という文書が出ました。

引き続き携帯電話の一部の通信方式で、一部のペースメーカが数センチの距離で誤動作を起こすという結果で
・携帯電話は15cm以上離しましょう
・非接触ICカードのリーダーライターからは12cm以上離しましょう
・万引き防止ゲートはささっと通過しましょう
・無線LANは大丈夫
という指針が別添3の資料に出ています(他にもいくつかの指針が書いてあるけど、娘には関係なさそうなので割愛)。

誤動作が起きて苦しくなっても娘はうまく表現できないでしょうし、その辺りに端末を放り出しておくといくら教えておいても触ってしまうため、引き続き我が家は
・携帯電話は子供の手の届かないところに置く
・外出時は携帯電話を娘に密着させないように気を付ける
・ほかの人に会うときは電話を渡さないようにお願いする
・それ以外はあまりに気にしない
で行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘の永久歯

もうすぐで7歳になる娘、「なかなか歯がグラグラしてこないねぇ」なんて妻と話をしていたのですが、今日妻が歯を磨いてあげているときに、とんでもなく内側に歯が出始めているのを発見しました(下の歯)。

しっかり見てみると、乳歯が以前より前に飛び出てるし、触ると心なしかグラグラします。ホントは真下から乳歯の根を溶かしながら出てくるはずの永久歯が、内側にずれてしまったのでしょうか。
いろいろありますねぇ。


今思い返してみれば、養護学校に入ってしばらくしてから、やたらと手を食べることが増えました。口を閉じていられる時間も短くなった気がしていました。
全部永久歯が顔を出してるから気になってたんですね。いつもあとから振り返ると思い当たることがたくさんあるのに、その時は気が付かないんですよね。

まずは、歯医者に診てもらわないと。そのあと、信大になるのか松本歯科大学になるのかわかりませんが、循環器に重い疾患があるし、発達障害でおとなしくしていられないので、大病院のお世話になることになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煙突掃除

煙突掃除を行いました。最初のシーズンは薪ストーブを購入、設置してくれた業者さんにお願いしましたが、これなら自分でもできるかな、と思って、2シーズン目の昨シーズンと、今シーズンは自分でやっています。

まずは、我が家のネスターマーティンS43、ストーブ内の灰を出して、炉内の上にあるバッフルプレートを取り外します。そのためには横のプレートや手前のアンダイアンなどを取り外し、ゴソゴソっとやる必要があります。
取り外したところがこんな様子。

IMG_2671

熱酸化なのか、赤く錆びているところがあります。

IMG_2670

取り外した部品はきれいにしておきます。
そうすると、煙突から炉内までがまっすぐになります。下から見上げるとこんな感じ。

IMG_2672

わかりにくいですが、煤が付いていますね。

IMG_2673

で、スーパーの袋でも下に置いておいて、扉を閉めます。ここ、重要。
昨年は扉を開けたままやってしまい、部屋中に細かい煤が飛び散ってしまいました。

それで、ブラシをもって屋根に上ります。
今日は30℃を超える最高気温でしたが、朝のうちに作業をしたのでそれほど大変ではありませんでした。屋根に上ると常念岳が見えます。

IMG_2682

もうすっかり雪形は姿を消していますね。
煙突のトップを上から見たところ。

IMG_2675

さすがに煤がたくさんついていますが、タール状になって固まっているようなことはありませんでした。よかった。
このトップ部分は、この掛け金を外してねじると簡単に取れます。

IMG_2676

この部分もまあまあきれいではないでしょうか。

IMG_2679

ブラシはホンマ製作所の掃除用のワイヤーブラシです。Amazonで安かったので。
もっと高いブラシもたくさん売られていますが、まずは安い奴でやってみよう、と購入したのですが、これで全く問題ないですね。
我が家は30度の折れ曲がりが2か所ありますが、このブラシと継手8本で煙突のてっぺんから炉内までブラシを通すことができます。

IMG_2674

掃除後の写真を撮り忘れましたが、煤はどんぶりに3杯くらい出ました。
この冬は寒さの厳しい期間が短く、ほとんど毎日朝晩の2回、コールドスタートしていました。その割には途中で煤が煙突内をカラカラ落ちてくる音が少なかったですし、この程度の煤で済んでいるので、うまく焚けていたんでしょうか。

ストーブ本体はあと何年かしたらガスケット交換などをお願いしようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »