« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

11月の気温

先月に続き、11月の気温です。

201411monthly

赤い線が外気温です。先月は10月とは思えない寒い日があったので、11月はどうなることかと思いましたが、最低気温が氷点下になる日ばかりではなかったのでよかったです。が、寒いことは寒い。
今の家に引っ越してきたのがちょうど3年前。その頃は毎日は薪ストーブを焚かなくてもよかった記憶があります。

年間を通すと、下のグラフのようになります。ストーブで室内の温度調整をするので、これから春までは大体同じような室温になるはずです。

201411yearly


下のグラフは、2Fの吹き抜けのある場所(作り付けの机があって、将来子供たちが勉強する予定の場所)の年間を通した気温の様子です。ストーブを使う寒い時期は、最低と最高の気温差が大きくなっています。薪ストーブを焚いて油断していると25度とか26度になってしまうので、要注意です。

201411temp2f_yearly


| | コメント (0) | トラックバック (0)

LEDライト

IMG_6035

暗くなるのが早くなってきたし、時々思い付きでやる夜のジョギング/ウォーキングに自転車用のライトを使うのは持ちにくいし、と思っていたところ、Amazonでまとめ買い対象の物を注文するのにあと少し足りなかったので、LEDライトを買ってみました。

単四乾電池一本で光るものです。ジェントスのパトリオ4
非常にコンパクトで、明るさはそこそこ。

IMG_6036

砲弾型の5mmのLEDらしきものが見えます。

点灯させるとかなり青いので、交換したいところですが、どうにも分解の方法がわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二回 信州安曇野 新そばと食の感謝祭

昨年に引き続き、穂高神社で行われている、「第二回 信州安曇野 新そばと食の感謝祭」(PDFが開きます)に行ってきました。

昨年の第一回は、チケット制で、事前に入り口でチケットを購入し、お店ではチケットを使って支払いをする、というスタイルで、払い戻しがあるとはいえ、面倒に感じました。同様に感じた人が多かったのでしょうか、今年は各お店での支払いになっていました。素晴らしい。

おそばは大体どこも500円から。
まずは穂高駅前にある一休庵

DSC_0475

お次は、双葉
どちらももりそばを食べました。容器は共通のようでした。

DSC_0480

どちらももちろん、おいしかったです。ちゃんとしたそばは久しぶり。

で、もう一店くらい、と思ってウロウロしてたら、「おひさま丼」ってのが。
たしか昨年は「おひさま御膳」 1,000円だったと思います。あっという間に売り切れてたような。
今年は500円になって、どんぶりになったようです。
案内のpdfファイルにもあった、これです。

20141115(PDFファイルから切り出し)

で、出てきたものが、これ。
一番写りが良くなるように頑張ったのでまあまあかな。

DSC_0481

実際はちょっと寂しいなぁ、って感じでした。下のご飯が見えてるところとか。
受け取るときもおじさんが、どんっと放り投げる感じでテーブルに置いてたし...

ま、500円で、しかも、量は多すぎるとあちこち食べられなくなるから少なめで、となると豪華さは出せなくなりますので、さじ加減は難しいでしょうけど。

あ、そうそう。アルクマも遊びに来てました。
一緒に写ってる子供はよその子(^^;

DSC_0478


一人で来たので、食べるだけ食べたら、ざざっと物販コーナーを見て、帰宅。お土産に、神社を出てすぐのところの池田屋餅店で大福を買って帰りました。良く通りかかる場所で、ずっと気になってたんですよね。
満幅のお腹でしたが、帰ってから大福も頂きました。これがまたうまかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストーブの着火剤

IMG_6001

薪ストーブの着火剤には、写真のようなものを使っています。
トイレットペーパーの芯に、牛乳パックを細く切ったものを詰めています。

トイレットペーパーは、娘が心臓への負担を減らすために利尿剤を飲んでいてトイレが近いので、大量に消費します。なので、芯はたくさん出ます。
と言っても、着火剤として使用するスピードのほうが速いので、シーズン前から取っておきます。

牛乳パックは、1リットルのパックを各1面ずつ、4つにして、その1面をさらに4つの細長いリボンにします。それをくしゃくしゃに丸めて、トイレットペーパーの芯に押し込みます。

牛乳パックは表面に樹脂が引いてあるし、紙自体は厚手なので、良く燃えます。樹脂が燃える時のガスが気になりますが、まあ大した量ではないでしょう。これに火をつけて、細い焚き付けを何本か乗せれば着火完了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自炊始めました

といっても、ゴハンの自炊ではなく本を自分でスキャンする方の自炊です。どうして自炊っていうんでしょうね。

スキャナは、定番のScanSnap iX500

IMG_3143

定番だけあって、先人のレポートや設定の話などがネットに溢れているので、簡単に文庫本のスキャンを行うことができました。
断裁には、オルファのロータリーカッター、手持ちのカッターマット、あとから金属製の定規も追加しました。が、使っている道具はこれだけ。

栄えある第一冊目は、写真中央に移っている東野圭吾さんの。
よりによって自炊代行業者による云々...で名前を良く見た作家さんのものとなりましたが、これは妻と僕が同じものを買ってしまってダブって所有していたため。練習にはちょうど良いかと思って。トラブルは何もありませんでしたけどね。

IMG_3142

一か月ほどかけて、ようやく100冊を超えたところです。
僕の場合は、まとめて10冊くらい断裁し積み上げておきます。読み込むのはそのあと、続けて。
読み込みも早いとはいえ、そのあとの処理なんかも含めると一冊10分くらいかかります。1時間で5~6冊。付きっ切りではないですが、ほかのことはあまりできないので、なんだか時間を無駄に使っているような気もします。日によって、1冊や2冊だけ読み込む日もあれば、まとめて5,6冊読み込むときもあります。

本棚の本が減らないかな、と思って始めました。読むのは電子書籍リーダーを使っていて、オンラインで購入したものより多少読みにくいですが、それほど困っていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »