« 自炊始めました | トップページ | 第二回 信州安曇野 新そばと食の感謝祭 »

ストーブの着火剤

IMG_6001

薪ストーブの着火剤には、写真のようなものを使っています。
トイレットペーパーの芯に、牛乳パックを細く切ったものを詰めています。

トイレットペーパーは、娘が心臓への負担を減らすために利尿剤を飲んでいてトイレが近いので、大量に消費します。なので、芯はたくさん出ます。
と言っても、着火剤として使用するスピードのほうが速いので、シーズン前から取っておきます。

牛乳パックは、1リットルのパックを各1面ずつ、4つにして、その1面をさらに4つの細長いリボンにします。それをくしゃくしゃに丸めて、トイレットペーパーの芯に押し込みます。

牛乳パックは表面に樹脂が引いてあるし、紙自体は厚手なので、良く燃えます。樹脂が燃える時のガスが気になりますが、まあ大した量ではないでしょう。これに火をつけて、細い焚き付けを何本か乗せれば着火完了です。

|

« 自炊始めました | トップページ | 第二回 信州安曇野 新そばと食の感謝祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/60631365

この記事へのトラックバック一覧です: ストーブの着火剤:

« 自炊始めました | トップページ | 第二回 信州安曇野 新そばと食の感謝祭 »