« 母校へ | トップページ | 12月の気温 »

冬休みの工作(Intel Edison Breakout Board)

IMG_3285

クリスマスプレゼントにサンタさんがこんなものを置いて行ってくれました。IntelのEdison Breakout Board セットです。きっとArduinoセットの方は高いので、サンタさんには買えなかったんでしょう(^^;

開けてみるとこんな感じ。Edison本体は、SDカードよりも少し大きいくらいのサイズです。
これでコンピュータとして動き、WifFiで外部と繋がるというのだからすごいですね。

IMG_3285


ブレイクアウトボードにつけるとこんな風になります。
Webにいっぱい乗っている方法でUSBケーブルをつなぎ、シリアル経由でファームのアップデートや初期設定を行うことができました。

IMG_3291c


mraaというライブラリ(?)を入れることで、簡単にGPIOを制御することができるそうで、早速やってみました。
Python数行のスクリプトで、Lチカ(LEDチカチカ)、完成です。
ただ、Breakout BoardのGPIOは1.8Vで取れる電流も3mAとのことです。下の動画は試しでやってみましたが、普通はこんなことはやってはいけませんので、試される方は自己責任で。


せっかくなので、ピン配列の絵を載せておきます。

Edison_BreakoutBoard_Pin_layout

|

« 母校へ | トップページ | 12月の気温 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9648/60881531

この記事へのトラックバック一覧です: 冬休みの工作(Intel Edison Breakout Board):

« 母校へ | トップページ | 12月の気温 »