旅行・地域

鳥羽グランドホテル

IMG_6948

宿泊したのは鳥羽グランドホテル、というところでした。
小さな子供や、杖をついて歩く年寄りが一緒の場合、このような大きなところが、まあ、安心ですね。

IMG_6951

くらけん家は小食ばかり集まっているので、あまり料理は重視しませんでしたが、旅行社に行ってパンフレットを見比べていたりすると、料理で差別化しているところが多いみたいですね。

IMG_6952

小食とはいえ、海なし県出身で、海なし県在住なので、海の幸はとてもよかったです。

IMG_6953

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥羽旅行

鳥羽に行ってきました。
一泊二日で、渋滞に巻き込まれながらだったので、明るい時間はほとんど移動と休憩だけに費やしてしまいました。ほとんど高速道路だったのですが、それでも二日で800km近くの運転は疲れました...(以前はこれくらいは大丈夫だったのに)
休憩のサービスエリアはゆっくり時間を過ごしてなかなか楽しかったです。

IMG_6974

名目は母の還暦祝い&退職記念&母の日。90過ぎの祖母にも来てもらいましたが、驚くほど良く食べ、びっくりしました。
我が家一家3人と、母、祖母、弟の総勢6人でした。

IMG_6966

ウチは移動距離が長いので、現地集合、現地解散。娘はちょっと長距離ドライブだったので、行きには少し気持ちが悪くなったみたいでした。夜もあまり寝られず、どうなることかと思いましたが、帰りは適度に昼寝も入れて機嫌良く帰って来ることができました。
娘にとっては、初めて見る海。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定額給付金ツアー2

定額給付金を使おうツアーの夕食はしゃぶしゃぶ。普段、マクロビオティックな食事(それほど厳密じゃないにせよ、ほとんど動物性の食品はなしの食事)をしているので、たまには牛肉を、ということで、しゃぶしゃぶプランにしました。

IMG_4849

幸い、料理全体の量はあまり多くなく、食べ過ぎて苦しくなるのはなんとか想定の範囲内でした(^^;

IMG_4850

二日目はチェックアウトの後、戸隠へ。
もともと予定になかったので、道に迷いながらでしたが、なんとか到着しました。素直に、浅川ループラインか、バードラインを使えば良かったのに、善光寺御開帳渋滞を嫌って、信大前で左折したのが間違いでした...
鬼無里の手前から戸隠に抜けるはずの県道が軒並み通行止めで、細い道をなんとか通って戸隠に行くことができました。

R0016530

お参りの後、有名なおそば屋さんに行こうと思いましたが、行列で30〜40分待ちとのこと。こんな高原に来るつもりがなかったので薄着だったし、娘もいるのでちょっと歩いて別のお店に行きました。

R0016536

ちゃんとした手打ちの蕎麦は久しぶり。
もちろん、とってもおいしかったです。

R0016537

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定額給付金ツアー

定額給付金は、その趣旨からもぱーっと使わなくては。できることなら、日常の支出ではないものにつかい、モノなら日本製品がいい、と思っていました。我が家は44000円で、これくらいの金額で欲しいものというのは特に思いつかなかったので、ぱーっと、温泉旅行に行くことにしました。
といっても、娘もいるので、近いところで。ガイドブックを買ってきて、探した結果、戸倉上山田温泉のホテル亀屋本店に泊まってきました。

不景気のため臨時休業になってしまい、12連休になったので、日曜泊で行ってきました。

IMG_4838

貸し切り風呂一回付いてきます、というプランだったので、こんなお風呂に入ってきました。陶器製の湯船です。

IMG_4841

娘は初温泉。いきなりだったのに驚いたのか、始終泣きっぱなしでした。親子三人で入るつもりでいたのですが、妻はこうなることを予期していて、服を着たままざっと娘の頭と体を洗い、あとは脱衣所で娘をあやしてくれました。

IMG_4846

お風呂から出てから気がつきました。禁忌症に「重い心臓病」とあります...
娘は「重い心臓病」に思いっきり該当ですねぇ。まあ、湯治のように何度も何度も入ったりするのがいけないということなんでしょうけど、これからも長湯は気をつけるようにします。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿港その4

鹿港めぐり最後のエントリは写真だけ。

20070531r0013861


20070531r0013882


20070531r0013902


| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿港その3

血を見てちょっと気持ち悪くなったので、お祭り騒ぎの一帯から離れて、路地を散歩しました。

20070530r0013879

鹿港といえば、九曲巷。街のところどころに地図がありますし、彰化駅でもらってきた鹿港のパンフレットにも同じ地図があって、簡単にたどり着くことができました。九曲巷だけでなく、この辺りはこんな道がたくさんあります。

20070530r0013875

こどもが水鉄砲で遊んでました。

20070530r0013855

さすが、港町。カラスミですね。虫はつかないんだろうか...

20070530r0013888

こんなようなお宮がたくさんありました。

人があまり多くなく、のんびりした時間が流れていて、とっても良かったです。が、何しろ暑い...ペットボトルの水、お茶をたくさん飲んでもトイレに行きたいと思わないくらい汗が大量に出てました。もうふらふら。

あと一回だけ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿港その2

前回の続き。バス停からぶらぶら歩き始めました。地図を見ると、街の奥にある天后宮というのが近そうです。そこからぐるっと回ってバス停に戻る計画をたてました。

20070529r0013839

歩いていくと、なにやら爆竹の音やら太鼓の音が聞こえてきました。

20070529r0013843

なにやらお祭りのようです。この写真のようなでかい人形やお神輿みたいなものもでて、大騒ぎです。


20070529r0013845

観光客の姿はほとんどなく、地元の人が練り歩いています。この日はお日柄もいいのか、あとから結婚式の車も見かけました。
日本出張で、涼しい気候に慣れた体に台湾中部の暑さは堪えました。この日の彰化の駅前の温度計の温度は朝9時にして36度。日差しも強くて結構辛かったです。

そんなときに見ちゃったのが、血。どこかのWebで見かけたこともあったのですが、まさか目撃するとは。
お祭りで興奮状態にある人が、ノコギリを頭に叩きつけて血を流してました。それも何人も。酒が入って血行が良くなってるのか、ダラダラ流れてました。
周りの人は、血が目に入らないように目の周りだけタオルでぬぐってあげたりしてましたが、みんな目がイっちゃってて、怖かったです。とてもカメラを向けるような雰囲気ではなかったです。

と思ったら、家に帰って撮った写真を見返してたら、すみっこに写ってました。上の写真の右側の拡大が下の写真です。これを撮ったときにはまだあの人たちの存在に気が付いていなかったんですよねぇ。

20070529r0013845r

幸い(?)正面からではないですが、ノコギリを打ち付けてるのがわかりますかねー。

思い出しただけで気持ちが悪くなってきた...

おかげで、ウキウキしたのがちょっと気持ち悪くなって、あまり歩き回れませんでした。

また、続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿港に行ってきました

以前から行ってみたかった鹿港に行ってきました。

20070528r0013811

土曜日のうちに、台中へ。台中観光できるような時間ではなく、夕食時に着きました。本当はちょっと時間の余裕があるはずだったんですが、自強号が1時間も遅れて...
上の写真は台中駅前。ホテルから撮りました。ホテルは駅のすぐ前。一泊NT620(2000円ちょっと)の安宿です。安宿だけあって、設備はかなり悪かったです(^^;

20070528r0013822

日曜日、台中から、電車で彰化に移動。台中駅は古そうな駅ですね。


20070528r0013831

こちらは彰化駅。なんだかとても南国っぽいです。ここから鹿港にはバスで移動するのですが、バス停がどこだか良くわかりません。観光案内所に行って、係員のお兄さんにパンフレットを見せてココに行きたい!といったら、バス会社の建物が見えるところまで連れて行ってくれました。

20070528r0013834

彰化客運というところで、自動販売機で切符を買って、しばらく待ちます。10分くらいでバスは来ました。
念のために、運転手さんに切符を見せて、ココに行くか?と聞きました(外国人らしく、全部日本語で...)。

20070528r0013838

30分位だったかな? 鹿港の中心からちょっと離れたバス溜り(終点)まで行ってバスを降りました。彰化でパンフレットをもらってなかったら、道に迷ってたところでした。地図を見ながらぶらぶらしました。

続く。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台湾一周旅行 その10

台湾高速鉄道(高鐵)

ようやく、今回の旅の一番の目的である台湾新幹線に乗る時間が近づいてきました。
高鐵高雄左営駅へは、蓮池潭の孔子廟からは歩くと10分か、15分くらいで着きます。が、歩いている人はほとんどいない。駅の周りも歩行者のことはほとんど考えられていません...
孔子廟周辺は朝からタクシーがたくさん流しているので、タクシーで移動した方がいいでしょうね。

20070424img_9224

駅の中はまるで空港のようでした。台湾鉄道の左営駅と、同じ建物にあります。MRTも建設中のようですので、MRTが開通すれば、高雄までスムーズに移動できそうですね。

20070424img_9222

改札は自動改札。写真では見にくいですが、現在停止中のシール(暫停使用と書かれている)が貼られた「感応区」があります。これはひょっとして、ICカード化が計画されているのでしょうか。

20070424img_9225

いよいよ新幹線。ま、カラーリング以外は日本の新幹線と同じですね...

20070424img_9229

車内の様子。
清明節4連休の最終日だというのに、乗車率は80%くらいだったかな? 朝9時の便だったので、乗る人が少なかったんでしょうか。台湾新幹線は今のところ全車指定席です。

乗り心地は、これもまた日本の新幹線と同じ(当たり前か)。
台湾南部(台中以南)では、直線区間が多いためか、振動も少なく、スピードも出して運行しているようで山陽新幹線のような感じでした。台北に近づくにつれて、カーブが多くなって、東海道新幹線に乗っているような感じでした。(それ以外は長野新幹線と東北新幹線に乗ったことがあるけど、記憶にない...)

20070424img_9238

テーブルも付いてます。この絵も日本の新幹線と似ていますが、一番下の携帯電話の注意事項が違います。「敬請将手機鈴声転成振動模式、使用手機時請軽声通話。」つまり、「携帯電話はバイブレーションモードにして、通話時には小さい声でね」ってことですね(英語が書いてあるか...)。
日本はうるさいくらいに「携帯電話はデッキで使用してください」、とアナウンスがありますが、そこまでやる必要はないなぁと思います。友達同士で大騒ぎしている人もいるけど、携帯がダメなら、そんな人たちもデッキで騒ぐべきでは? きっと日本の携帯電話の黎明期におじさんたちが大声で使いすぎて車内で使えなくなったんでしょう(国民性もあるかもしれませんが)。

20070424img_9232

切符。ちなみに、台北駅で改札口を出たら、切符は回収されず、手元に帰ってきました。記念に取っておきましょう、ということでしょうかね。

ということで、3泊4日の台湾一週旅行は終了しました。台北からほとんど出たことがなかったので、とても楽しかったです。台東を案内してくれたMさん姉弟、高雄を案内してくれたAさん夫妻、とてもお世話になりました。ひとりだったら絶対にいけないようなところをたくさん案内してくれて、とても感謝しています。

台湾南部はなかなか面白そう。台中、台南などは新幹線で通過しちゃったので、今度はゆっくり回りたいですねぇ。

終わり

| | コメント (2) | トラックバック (0)

台湾一周旅行 その9

高雄 蓮池潭

台湾一周旅行の4日目、最終日。

朝、高雄駅すぐ近くのホテルからタクシーで蓮池潭に行ってきました。高鐵(台湾新幹線)の高雄左営站のすぐ近くにあるということで、新幹線に乗る前に見て回ろうと考えたためです。

20070424img_9199

蓮かな?花の名前に弱いですが、蓮だったら地名の通りですね。

20070424img_9177

ここ蓮池潭で一番有名なのは、龍虎塔です。龍の口から入って、虎の口から出てくると、現世での悪徳が浄化されてさっぱりするとのことなんですが、なんと工事中でした...鉄柵があるので、近寄ることもできませんでした。

20070424img_9169

しょうがないので、ぶらぶらと池の周りを散歩していると、同じようなものが現れました。ただし、龍の口から入って、

20070424img_9171

体内を歩くと、

20070424img_9174

お尻(?)から出て来ることができます。

20070424img_9191

池の周りには廟がたくさんあって、いろいろな彫り物を見ることができました。

20070424img_9216

道に迷ったりして、ホテルの人に「歩いて10分ですよ」と言われていたにもかかわらず、40分くらい歩き回って、ようやく新幹線の駅が見えてきました。これはもう、歩く人のことを考えていない駅です。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)